日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ラスト・サムライ

ラスト・サムライ/THE LAST SAMURAI(2003、米)

その結果招いたのは、和魂洋才か、はたまた和洋折衷か。こんなツッコミにくい時代&テーマを映画にするなんて、無学な俺としては「卑怯だ!」と叫びたくなるような作品だ。まあそういうわけで、何も言うことはない(何も言いたいことがない、かつ何も言えることがない)のだけど、けど、何でもいいんだけど、気になったことと言えば、英語の台詞も大して聞き取れないが、それ以上に日本語の台詞がぜーんぜん聞き取れないということ。途中何度巻き戻した(といってもビデオじゃなくてDVD)ことか。やたらと字幕をつけたがる最近の親切設計バラエテー番組の影響か、日本語台詞にも日本語字幕が欲しいと心底感じた今日この頃である。

さすがに、『ベスト・キッド2』と比べると、なんでこの場面で英語/日本語が通じる/しゃべれるの?的な解せなさは格段に減っている。けど一箇所、ある日本人が「Jolly good」と発言してるところに、英語字幕で“Jolly good”と出ていた気がする。なんだよ、じゃあトムが日本語しゃべる場面にも日本語字幕つけてくれよ。…いや、むしろ聞き取れなかったのは日本人がしゃべる日本語なのだが。

ケン・ワタナベの演技がすごいという前評判(本来の語義とずれてますが)を聞いていたのだけど、他の日本人役者の演技が大してすごくないのに対して、一人輝いている、というふうに見えなくもなかった気がしないでもない。それより、合戦場での帽子をかぶった大村(このシーン限定)が、腕利きライター&ミュージシャンの和○井○司氏に非常に似ていると思ったのですけど、誰かそう思った人いませんかね。

--

一番書きたかったことをすっかり書き忘れていた。其の一、19世紀後半なんていうと、日本人とアメリカ人の体格差は今よりもずっと大きかったんじゃないかと想像するが、私よりも背が低いトム・クルーズは、サイズ的に周りの日本人と完全に調和している。それが何だかおかしいと思ってもいいはずなんだけど別に違和感は感じなかった。其の二、最後の最後、これぞ大衆映画の醍醐味、とも言うべきなんだよそりゃ的展開の、でもやっぱりな皮肉さは、『キンダガートン・コップ』で見たそれと似ていなくもないなぁ。みんなそういうのが好きなのかね。其の三、同じシュワちゃんつながりなんだけど、この映画を見る直前、ラスト・サムライの“ラスト”って、もしかして『ラスト・アクション・ヒーロー』の“ラスト”か(i.e. シュワちゃん曰く「空前絶後の」みたいな意味)?という考えがよぎったが、どうやら普通にラストな意味の方が強いようだ。まあどっちでもいいけど。

2005/04/03(日)| 映画| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。