日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
猫の恩返し

猫の恩返し(2002、日)

英語タイトルは『The Cat Returns』っていうのか。じゃあ、『スーパーマン リターンズ』の邦題は『スーパーマンの恩返し』か(違)。

これ書く前にケータイでネット検索してて発見した、この映画に対するツッコミが非常に稚拙でびっくりした。そりゃ確かにツッコミどころは探せばそれこそ本が1冊書けるほどあるだろうけど。私が唯一気になったのは、人物や背景の大きさの比率。

軽度のネタバレ?
詳しく検証したりしていないので、「そう感じた」というだけで、実際はものすごく綿密に計算されているのかもしれないが。最初は、当然フツーの世界。猫の事務所のある一角は、恐らくフツーの猫が人間だったら(というか人間が猫サイズだったら)このくらいの大きさの家に住むだろう、という大きさっぽい。ところが、カットによって人物と背景の大きさのバランスが違って見えるので(遠近法が極端なのか?)、なんかおかしい。その空間にいる間に主人公が徐々に徐々に小さくなったりでもしているのだろうか。猫の世界では主人公が小さくなって猫サイズになった、という設定だし。置き物のときのバロンは、猫の事務所の窓に飾られているので、ものすごく小さい。動き出すと同時に巨大化するのだろうか。そのへんの設定は知りませんが、私には、置き物のバロンと猫の事務所の窓の大きさの関係が、フツーの世界の窓の大きさに影響されているように見えてならない。

まあそんな感じでそもそもの設定上、人物の大きさが変化するので、難しいのは分かるのだけど。が、人物(猫含む)同士の大きさのバランスまで、カットによってなんか違って見えるのはいかがなものか。アニメーションって、キャラクター決めたときに、各人の大きさの関係が分かるように、登場人物が全員並んだイラストを作るよね。それを見てみたい。見たらなるほどって思うかな。けど、アニメーション(に限らず映像作品)って、「正しく」描くことより、観る人に自然に見えるように描くことの方が重要だよね。

この作品と関連の強い『耳をすませば』の中に、「遠くのものは大きく、近くのものは小さく」見える世界が出てきますが、その中でも、雲(のようなもの)は遠くのものの方が小さかったり、飛び去る人物はフツーに小さくなっていったりしているわけで。これは設定上「間違っている」と言えるけど、仮に飛び去っていく人物を、その世界の法則に従って徐々に大きく描いたとしたら、それが遠ざかっていっているということを観る人が認識できないので、作品として成り立ちません。

全然関係ないけど、DVDの日本語字幕に誤植発見。「猫の命にはえられないか」だって。「代えられない」じゃないの?

2009/12/24(木)| 映画| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。