日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
茄子 アンダルシアの夏

茄子 アンダルシアの夏(2003、日)

黒田硫黄という人は、よしもとよしともとのコラボがあったりしたので知っている程度で、実はよく知らない。結局原作も読んでない(と思う)。あと監督が誰だとか、劇場版映画としては短いとか、何も知らずに観た。今回久々に観たけど、仮に前回観たときそれらを知ったとしてももう全部忘れていた。世の一般人の例に漏れず、監督がジブリと深いつながりのある人だから勝手にジブリつながりの作品かと思っていたけど、あのマッドハウスか。あの、と言ってもトライガンしか知りません。

まるでドラマみたいな作りだったら裏に秘めた色々が溢れ出しててんやわんや映画になってしまいそうなところを、裏には色々あるだろうけど結局それが表に出てこなくて、何も起こらないまま終わってしまうところが非常に現実を見ているようで、ため息も出ない。いや実は裏には何もないのかもしれないけど、それはそれを判断する人が裏があると思うかないと思うかの違いだけなので、どちらにしろ現実を見ているようであることに変わりはない。

最初は、ゴール直前のアレと結果ありきの映画かと思ったりもしたけど、仮にそれだけだったとしても全然よかったのだけど、実はそんなことは全くもってどうでもよくて、大事な、けどやっぱりどうでもいいことはそんなことじゃなくて、でもどうでもいい大事なことを大事たらしめるためにどうでもいいアレもやはり必要で。まるで作品の方から、どの方向からどういう目で観てくれてもいいです、観てくれなくてもいいです、と言われているような気がして、その脱力感に安心してしまったけどそれでよかったのだろうか。

自転車ショー歌を聴いてもビアンキとチネリくらいしか分からなかったくらい自転車の世界には詳しくない私だが、なんかすんなり楽しめるのが不思議だ。これは前回も思った。逆にその世界を知っちゃってると、私の性格上現実と混同してリアリティを求めすぎたりそれによってアラ探しに発展したりしそうなので、却って良かったかも。集団がS字っぽく過ぎていくところのアニメーションがAKIRAみたいにうねうねしてたり、上空から見た集団の動きがあまりに機械的というかデジタル処理的だったり(実は現実に忠実に描くとそう見えてしまうのかもしれないが、この場合それは問題ではない。仮にスーパーの買い物袋からネギが飛び出している率が現実世界ではあまり高くなかったとしても必ずネギが出ていなければならないというようなルールがある)、レガシィが所々崩れてたり、気をそがれる部分もあったけど、終盤は…終わり良ければ、です。

2009/06/08(月)| 映画| トラ(0) | コメ(2)
コメント
この記事へのコメント
Re: 茄子 アンダルシアの夏 - Nenoved
これ続編もあるでよ。
最近ずいぶん更新頻度高いね。
2009/06/11(木) 23:11:26 | URL | [編集]
Re: 茄子 アンダルシアの夏 - すしる
え…続編あったのか。スーツケースの~ってどっかで見聞きしたようなタイトルだけど認識してなかった。

更新頻度高い件について。PC内にネタ用の画像等がたまりすぎてしまったので、以前から思い立ったときにだーっとアップしたりしてるけど、それを過去の日付でアップしたり現在の日付にしたり色々してるので、時として頻繁に更新しているように見えるかも知れませんがまやかしです。たぶん。
2009/06/14(日) 16:57:50 | URL | [編集]
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。