日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
Under Pressure

Under Pressure / QUEEN and David Bowie
Words and music by David Bowie and Queen

当時QUEENが好きだった私(今も好きだが、少し前の流行りもの的リバイバルヒットのおかげで表向きに「好き」と言いにくくなった)は、当時デビッド・ボウイが好きだった男(今も好きかどうかは知らない)と一時期だけ微妙に友達だった。背が高くて、ギターがうまくて、ギャギィな奴。特に共通の趣味とかはなかったと思うが、この曲の存在が、彼と私を結ぶ架け橋となった。いい奴だったんだけど、卒業後は音信不通。というか進路すら知らない。まあそんなもんだろう。心当たりのある本人、見てたら連絡ください。

んー、しかし見事な曲だ。盗用騒動が起きたベースラインひとつ取っても殿堂入りものだが、綿密に計算し尽くされたかのような構成が見事すぎて、冷静に聴くとため息が出る。こんなの私ひとりではどうがんばっても真似できそうにない。「もう少し時間があればもっといいものができたと思う」的なメンバーの誰かのコメントがにくい。

発表前の仮タイトルは「People on Streets」だったそうだが、私としては、どっちでもいいや。どうせ歌詞の意味なんて全然わからん。

2005/05/15(日)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。