日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ブラジェク

BLAZEK(ブラジェク) ガラス爪やすり

ブラジェク 爪を滑らかに削ることに関してはちょっとこだわりがある。その割に、2本で250円くらいだった普通の爪やすりを永く使い続けていた。そしたら、だんだん削れなくなってきた。目詰まりを起こしたというより、表面のザラザラが薄くなってしまったらしい。

そこで、次に買うなら何かこだわりの商品を、と思って探していて発見したのがコレ。チェコのメーカーが作っているのもらしい。強化ガラスでできており、目は半永久的に使える。目詰まりしても水で洗い流せて衛生的。さらに柄の部分の図柄も色々と凝ったものを取り揃えている。すばらしい商品じゃありませんか。

使ってみると、削った後の滑らかさは、確かに今までの安物金属やすりとは比較にならないほど滑らか。すばらしい。が、ひとつ大問題が。爪を本当に滑らかに削るには、切断面に沿って削るだけではなく、切断面に対して上下90°に渡ってやすりを滑らせる必要がある。が、こいつはガラスでできているせいでかなり分厚い。爪の長さによっては下側に入り込ませることができず、「バリ」が取りきれない。結局、金属の爪やすりは手放せないままであった。まあ、はっきり言うと、だめじゃん。

写真は、株式会社ファナのオリジナル、ギターの絵柄バージョン(撮影に失敗してせっかくの図柄がボケちゃったけど撮りなおしが面倒だったので若干補正して妥協。見逃してくれ。つーか販売元ページに綺麗な写真あるし)。サイズは短い方。何とギターの裏側まで再現してあるという芸の細かさ。使った後洗わずに専用ケースに入れていたら、ケース内側が粉で真っ白になってしまった。不衛生。くれぐれも真似しないように。ちなみに、長い方も一緒に買ったのだけど、購入からわずか数日、ペンケースに入れてたら真ん中でパキっと折れてしまっていた。強化とはいえ所詮ガラスか?長い方は片面やすりという点が私的に良かったのだけど、何せさらに分厚いので、はっきり言って全く使えなかった。

コレさえあればOK!とは決して言いませんが、まあ、一家に一本くらいあってもいいんじゃないでしょうか。にしても、「チェコ」のスペル、アルファベット=英語な私からすると、なんか激しい。

FANAで通販してるギター柄のやつ
http://www.fana.co.jp/blazek.html
ピーアンドエムチェコ有限会社
http://www.pm-czech.com/
J. Blažek SKLO PODĚBRADY s.r.o.
http://www.blazek-glass.com/

2005/04/29(金)| 形あるもの| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。