日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
negation ~実例編(その2)~

負いかねません
当店では一切の責任は負いかねません

頂き物の画像です。PCだとちょっとかなり見にくいけど。これは同一のネタがVOWにも載ってましたが、まあそういうことです。

「兼ねる」がnegationだなんて、ふと気を抜くと現代人は忘れてしまうのです。つーか、私がしみじみ思ってわざわざ記事にしたのは、これのどこがおかしいかに気付かない人の割合が確実に増えているっぽい事実を知ったから。誰かがこの店で貴重品を盗られて裁判でも起こせば十分な意識改革になると思う。

けど実際は、「責任を負いかねない」とは、「責任負っちゃうかもよ~!?」と言っているだけなので、裁判で勝てるとは到底思えない。残念ながら。

2006/09/03(日)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。