日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
常に点灯したら消灯

日本語は、縦書きの場合は行が右から左…とかいう基本的なツッコミはこの際しません。戦後のある時期、突然公文書に横書きが採用され、以来急速に広まった横書き文化の影響がいかに強く根付いたか、左から右という書き順がいかに(右手で書く人にとって)自然であるか、ということを表している一例にすぎない。って、十分すぎるほど突っ込んでいるが。

常に点灯したら消灯にご協力下さい。


常に点灯したら、消灯できません。

…こういうツッコミは無害なので無視して構わないが、どうしても言われたくない場合は、「点灯したら常に消灯にご協力下さい。」と書けば良い。しかしそうすると今度は、

点灯することがあるのであれば、常に消灯に協力するのは不可能である。もしくは、常に消灯に協力していれば、点灯するという事態は起こらない。

と、言いたくなる気持ち、誰かわかってくれませんか。できればわかってくれない方があなたにとっては幸せだと思う。

補足:
実際は、この場合「消灯」は消す動作を指しているのであり、消えている状態を指しているわけではないので、別に日本語は間違っていない。ツッコミが間違っている。

2006/05/14(日)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。