日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
3割うまい

“おいしい餃子で人々を幸せに”―ぎょうざの満州
http://www.mansyu.co.jp/

3割うまい」を検索してみてください。「ぎょうざの満州」のキャッチコピーです。ありがちなフレーズじゃないので、検索して出てきた記事のほとんどが同店について述べているもののはず。このコピーが、いかに多くの人の関心を引いているかが分かりますね。コピーはまず注意を引かなきゃ始まらないので、その点こいつは素晴らしい。某ユニットが曲名に「ギリギリchop」という意味不明なタイトルを付けたのと同じくらいに評価したいです。

ただ、そうなると「コピーの一人歩き」が心配になる。よく、「面白くて印象に残るCMだけど、何の宣伝だったか思い出せない」っていうのあるでしょ。その点、「3割うまい」は、「餃子の王将」と間違われている例が1件あるものの、だいたいは「ぎょうざの満州」とセットで認識されているようである。これはほとんど快挙と言っても良い。


…で、そのコピーの真意については、知らない(そもそも知りたいと思わない)人が多いようで、「謎のキャッチフレーズだ」で終わっている例が多いです(気になったらふつう調べるだろう)。なので一応公式サイトから引用しておくと、

お客さんに三割うまいってこの言葉は何を意味するの、こんな質問を良く受けるので最初は返事にとまどった。最初は単純に三割、美味しく作って食べてもらおうと思い、宣伝のつもりで受けやすい言葉を探して付けたつもりでしたが、…
(公式サイト内(http://www.mansyu.co.jp/index/sannwariumai.htm)より)

ということです。単なる思い付きにしては上出来だ。が、ここには大きな勘違いが。当然、店主は「3割増し(130%)うまい」の意味のつもりだったと思うが、これでは「全体の3割(30%)がうまい」の意味にしか取れない。で、みんな「後の7割はどうなんだ?」となってしまうのである。

…ラッシュが始まり、東海道新幹線下り列車の自由席※1は、のぞみ19号で乗車率200%を記録したのをはじめ、軒並み乗車率が100%を超えました。
有名ブランド品が通常価格の3~5割程度の価格で購入できるとあって、人気を呼んでいます。
17年度下半期の売上は前年同期比150%と、ここへきて大きな伸びを見せています。
麺50%増量中!
実力を120%出し切ったと思うので、満足しています。
※1 指定席の乗車率は100%を超えません(指定席車両に立って乗る人は無視してね)。

世の中、パーセンテージが100を超える場合と超えない場合があります。何を以て100%とするか。これは奥の深い問題だ。

参考(にならなかった文献も若干含まれる)
http://blog.so-net.ne.jp/Takabee/2005-12-27
http://blog.livedoor.jp/newdaydream/archives/8565819.html
http://blog.goo.ne.jp/ikefukuroh/e/d7f103ea08c1c3f8faae3ea0625417d5
http://sound.jp/gagaga/nikki-20.html
http://www.5515.jp/blog/2006/01/post_285.html
http://www.unkamp.com/cgi-bin/nicky/nicky.cgi?DATE=200506?MODE=MONTH
http://nowlo.blog10.fc2.com/blog-entry-81.html
http://d.hatena.ne.jp/RIP/20040506#p3

--

ところで、気になったのが「三割」の中身。

…商売が大きくなるにつれそれなりの理屈付けをしなければならず、一番先に考えついた・三割うまいは・うまい・やすい・はやい・でした。
(公式サイト内(http://www.mansyu.co.jp/index/sannwariumai.htm)より)

とあるのですが、同じく

※3割うまいは、「うまい、安い、元気」を表わし、ぎょうざの満州の経営理念です。お客様においしいものを安心して食べていただき、元気になってほしいという気持が込められています。
(公式サイト内「満州通信」(http://www.mansyu.co.jp/index/mansyutuusin.htm)より)

ともあります。当初は、料理の提供スピードを重視(ファストフード)していたのが、ある時から健康に重きを置く(スローフード)ように変化したようです。じゃあ料理が出てくるのが遅くなったのか?とツッコミを入れてもいいのだが、これは時代の流れに則っている。うぬう。企業としては稚拙なウェブサイト※2を作っている割になかなかしっかりしているものである。

※2 サイト自体見るからに素人っぽい出来だが、そんなことはどうでもよくて、ただ、会社の看板とも言えるコピー※3に「3割うまい」「三割うまい」「3割りうまい」と表記ゆれがあるというのが、私的には致命的なものに思えるのである。

※3 ぎょうざの満州的には、「3割うまい!!ぎょうざの満洲は駅のそば」がキャッチフレーズのようである。「駅のそば」もセットで覚えてあげよう。

2006/03/16(木)| 日本語| トラ(0) | コメ(2)
コメント
この記事へのコメント
Re: 3割うまい - nenoved
それで結局の所うまいの?
2006/03/20(月) 11:32:28 | URL | [編集]
Re: 3割うまい - すしる
さあ…。噂によると3割だけってことはないらしい。某駅北口にあるので行ってみてください。
2006/03/24(金) 22:16:15 | URL | [編集]
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。