日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
90mの魔

90m。それは、私にとっては魔の領域。

超ロングエクステンションのサイトを使用しているわたくしは、そのままではサイトが下がりすぎて射てません。でも、超ロングエクステンションであるため、エクステンションを縮めすぎると、エクステンションの逆側の端がストリングハイト位置を超えてしまうので、怖くてリリースできません。かくなる上は90m専用サイトを別で用意するしかないのだが、2個持ち歩くのも面倒だし…と思って、最終手段「逆サイト」を試してみた。

つまりは、いちいち説明すると、エクステンションを逆方向からマウントに差し込み、サイトレールがハンドルよりも内側に来るようにするわけです。こうすれば、サイトボックスの高さは余裕。で、早速試してみると…

すげーやりづらい。冗談じゃない。サイトピンが近すぎてめちゃめちゃでかく見えるという問題以前に、その挙動に大きな問題を感じました。というのは、セットアップでピンをゴールドに合わせて、引き手をアゴの下へドローイングしてくるという俺的手法によりますと、(ノッキングポイントの高さとティラーバランスが仮に適正だったとしても)ドローイングを開始した瞬間、弓は上を向く動きをします。そうすると、エクステンションが極端に長い場合は、サイトピンが上に動きます。が、当然逆サイトだと、逆になるので、下へ動くわけですよ。うぬーこの違和感はとても慣れられません。無理です。

というわけで仕方なく普通のエクステンションのサイトを別で用意し、サイトレールをかなり縮めて射ってみたら…乗った!乗った乗った初回から的に乗った。私の目分量サイトの精度を見たか。

…で、何か変だなーと思いつつしばらく射っていたら、恐怖の心霊現象が起きていることに気付いた。エイミングを始めると同時にサイトピンが消える!怖~い。つーかピンが目に見えないとエイミング精度が目に見えて下がるー(リングサイトであったとしても、リングの全体像が見えないと同じことである)。アンカーに入った途端にサイトピンがフッと消えたときの精神的動揺は、体験した人じゃないとわからんだろうなぁ。

原因は、何のことはない。サイトピンが鼻に隠れていた…。自慢じゃないですけど私は鼻が高いです(自慢できる類の鼻ではありません)。そして、首をやや後ろにもたげたようなフォームです(この点は別に問題視していません)。そういった状態で、適正に(首を左右に傾けず、鼻のてっぺんをストリングにつけて)アンカリングすると、マスターアイと押し手の間に鼻が立ちはだかり、隠れます(非マスターアイを開けているので押し手は見えてるけど、非マスターアイを閉じると消える)。なので、サイトピンを限りなく押し手に近い位置(矢と接触しない範囲でギリギリの低いところ)にセットすると、この魔の領域にかぶってしまうというわけです。

でも、逆境にあって余計に燃える私は、その状態で果敢に90mを攻める。で、数回射っていたら…。矢取りに行くと、グルーピングの大きさは非常に大きいのに、6本のうち2本が異常に接近して、交差するように刺さっていた。怖いなーと思いつつも確認を怠って練習を続け、次に同じ矢をノッキングしようとしたら、なんかスカスカ…。よく見たら、ノックにポイントが当たった跡があって、わずかにヒビが入ってた。すげーグルーピングならともかく、90mでノック壊れるなよ~。しかも、前回シャフトに引っ掻き傷が入って泣きそうになったシャフトだった…。

これも90mの魔なのだろうか。

2006/03/01(水)| 洋弓| トラ(0) | コメ(9)
コメント
この記事へのコメント
Re: 90mの魔 - nenoved
てぃんぷんきゃんぷゅん。
2006/03/08(水) 23:14:06 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - kana
ギリギリちんぷんかんぷんではないレベルでした。
でも彼の話は私にも基本、ちんぷんかんぷんです。

ところでやっぱりトラックバックが出来ないみたい>リキスツール
2006/03/09(木) 00:55:19 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - すしる
ぷゅん
いい響きだ。
私だったらこんな記事読みもしません。
わざとわかりにくく書いたのではなくて、最近ウラで「アーチェリー用語集」を作成していることが影響してか、専門用語が必要以上に出てきてしまうのです。でも、わかりやすく書こうという意思は端からありません。えへ。

TBについては、↓をご参照ください。
http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-136.html
2006/03/09(木) 11:04:44 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - nenoved
やっぱTB少し面倒になってるよね。
2006/03/09(木) 23:19:44 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - kana
すしるが教えてくれたリンク先はネノさんが以前教えてくれました。でも私には理解できないのです。そもそも言及リンクってなんですか。具体的に分かりやすくあーしろこーしろと教えてください。
2006/03/10(金) 11:52:53 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - nenoved
おいらにも教えて~
2006/03/10(金) 15:58:30 | URL | [編集]
しょーがねーなあ - すしる
前出のリンク先記事内にあるリンク↓
http://kotonoha.main.jp/2006/01/06trackback.html
を読めば、わかるんじゃないかなぁ。
私はその記事の分類に従うと「言及リンク文化圏」の人なので、“論文の後ろに「参考文献リスト」をつける”という、当たり前すぎて笑っちゃうくらい当たり前のことと、ある意味同等と言っても過言ではないくらいに、記事内に相手先へのリンクを書くことは当然だと思っている。だって、TB先の記事を何らかの参考にしたのは事実なんだから。
逆に言うと、別に参考にしてない記事にTBを送ることは、相手がどう思おうと、相手に利益/不利益があろうとなかろうと、間違いだと思っております。
これでいいでしょうか。

つーかさぁ、トラックバックの「バック」って、記事引用(正方向のリンク)に対してping送信が「バック」なの?それとも…(以下略)?っていうのすら知らない私が何でこんなことを偉そうに語っているのだろうね。
2006/03/11(土) 02:01:47 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - kana
分かった。ありがとう。

TBする必要がないということが分かった。
2006/03/11(土) 19:00:46 | URL | [編集]
Re: 90mの魔 - すしる
そう言わずに、私にTBすべき記事を書いてください。TBを目的に。
2006/03/13(月) 08:33:26 | URL | [編集]
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。