日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
(全3話)タブ改造物語 第5話:プレート再び

さて、この計画は、「いつかはやろう」と前々から思っていたのだが、しばらく先になるだろうと思っていた。だって、めんどくさい。けど、ついでがあったために、意外に早くその時が来てしまった。

ハスコバランスコントロールタブの本体プレートは、3mm厚のアルミ板から切り出しただけであるかのような形状をしている。…それだったら、自分で作れるんじゃないか?という発想である。“自分で”と言っても私は道具も技術も持ち合わせていないので、専門の人に頼むだけだけどさ。

タブプレート複製!

そんなわけで、できました。残念ながらアクリル板から切り出したプレート。ただ切り出しただけじゃないよ。側面もツルツルクリアーな仕上がりにしました。仕上げは自分で。細かな仕上げ的作業は得意だけど、やり始めるときりがないので、まあそれなりの仕上がりですが。

ハスコバランス~タブは、その名の通り重量を自在に(と言っても約10g単位で3段階だけど)調整できるという意味不明の機能が売りなのだけど、もっと軽くしたい!という場合はどうしようもない。その点、このアクリルプレートは重量がアルミの約半分(…というとすごく軽いように聞こえるけど、元々のアルミのが十数グラムしかないので、その差は数グラム)。それにカントピンチは比重0.7という超軽量素材で作ってある。カントピンチの固定に35mmという長~いステンレスのネジが使ってあるものの、結果的にトータル30gという重量を実現。Nタブが25g前後だからその差はたった…って、重さはどうでもいいよ。問題は耐久性だな。しばらく使っていきなり割れたりしなければよいのだが。

改造タブ完成

オリジナルのままなのは、表皮(コードバン)と、指通すヒモ、ネジ6本だけ。試合会場でこんなタブを拾ったら、間違いなく私のなので届けてください。なんか微妙にドイツカラーなのが納得いかんので、今後もマイナーチェンジを繰り返していくと思われますが。

(今度こそ一応)

2006/02/20(月)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。