日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
(全3話)タブ改造物語 第4話:革再び

さて、ベロアの端切れから切り出した裏皮だが、しばらく使って自己ベスト更新等に貢献しはしたが、ちょっと問題が。ほんの若干薄すぎたかなーと感じた(デフォルトの半分程度の厚さしかない)のと、如何せん色落ちがひどいのと。まあ革を染めてあるのだから色落ちは仕方がないが、手のひらがくなるのはちょっと。別にいいんだけど。

それで、もうちょっとこう、いいもの、ないかなーと、何かのついでにT急Hンズの革コーナーを覗いたら…あった!すごくいいのがあった!と言っても同じベロアの同じ端切れだけど。ちょうどいい感じの厚さで、コシがあって、それでいてしなやかで、何より、さわり心地が最高。色が黒である点は派手好きの私には問題だが、色なんてどうでもよくなってしまうくらいに気に入ってしまった。

これで耐久性に問題がなければ、一生モノとは言わないまでも、当分はコレで決まりだろう。天然素材だけに、まったく同じものが二度と手に入らない&極めて近いものも手に入りにくい、というのがアレである。思わずそこまで考えてしまったほど。同時に赤い革も買ったが、無駄だったかなぁ。

タブ革再び

↑穴あけパンチまで買ってしまった。散財。左に写っているのは、あまり切れないレフティハサミ。

そういえば上の写真も第1話の写真も、ちょっと訳あってぼかし処理がしてあるのだが、見ていて非常に気持ち悪い。

2006/02/20(月)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。