日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
間違いだらけのアーチェリー
都立光が丘公園弓道場のパンフ(表紙)

光が丘公園弓道場。「弓道場」という名前なのだから、やっぱり弓道がメインなのかもしれないが、奇数日と偶数日で洋弓の日・和弓の日を分けて、仲良く利用している。そんな弓道場パンフの表紙。弓道とアーチェリーのイラストが描かれている。…が、このアーチェリーの絵、ちょっとひどすぎないか!?と思ったので、無謀にも検証してみる。

都立光が丘公園弓道場のパンフ(中)

表紙だけでなく、見開きパンフの内側にも同じイラストが載っているという凝り様なので、これは、パンフを開いたところに載っている同じイラスト。失礼してツッコミポイントに○を描いて番号を振らせていただいた。クリックするとでかい画像見れます。

1. リムの先端にチップがない。(減点2)
チップも溝もないので、どうやってストリングが掛かっているかが謎。これは絵心の問題も含まれているのだが。
2. サイトピンがない。(減点3)
サイト(YAMAHAの「YS-V」??)はあるんだけど、サイトブロックもピンもない。どこで狙うんだ。どう見てもベアボウじゃないし。この絵を描いた人は、これが照準器であるということを理解していないっぽい。
3. センタースタビライザーが短い。(減点1)
Vバー&サイドロッドを使ってる時代なら、センタースタビライザーはもっと長いはず。ま、これは特殊なセッティングの人という可能性もあるので…。
4. サイトウィンドウがない。(減点5)
ウィンドウの切り欠きがなく、ただの棒状態のハンドル。それに伴ってレストもプランジャーもない。これじゃあ昔ながらの弓と同じじゃないか。
5. 矢をつがえる位置が逆。(減点100)
アーチェリーは、基本的に人差し指・中指・薬指の3本で弦を引くので、弦は体の内側方向に放たれる。弦を親指に掛け、体の外側方向に放つ弓道とは真逆。だから、矢は弓道とは逆に弓本体の左側(右射ちの場合)につがえなければ、まっすぐ飛ばない。重要です。
…なぜか?それは「パラドックスの基礎知識」(@-rchery.com)をご参照ください。
6. グリップが変。(減点2)
ガングリップはダメです。正しいグリップは、手のひらが地面に対して…とかいう以前に、この絵では親指の先で弓を押しているようにしか見えない。それは無理だろう。絵心なさすぎ。
7. チェストガードのヒモが?(減点0)
Y字形に3方向に伸びるヒモをOリングでまとめる。…フツーに考えて、こうは留まらないだろ。これは完全に絵心の問題なので、アーチェリー的には減点しません。

書いててむなしくなってきた。なんて無意味なことをしてるんだろう。けど、あれ?最も重要なツッコミを忘れていないか?そう、この絵は、「アンカリングしてない」。アーチェリーでは、ストリングを顔(アゴ・鼻)につけるのが常識中の常識。が、アーチェリーを知らない人がアーチェリーの絵を描くと、100%に近い確率で、ストリングがちゃんと顔についていない。このポイントだけで、的中精度も絵の精度も、格段にアップします。よろしく。

じゃあなんでツッコミを忘れたのか。それは、画像を加工した際に○を入れ忘れたからです。…じゃなくて、もしかしたらアンカリングの前段階かもしれない、と思ったからです(雑誌『ARCHERY』2004年3月号P.20右上のミケーレ・フランジーリの写真参照)。ちなみに、言い訳です。

とりあえず、一般的なイラストならいざ知らず、弓道&アーチェリー場のパンフなんだから、もうちょっと精度の高い絵を採用しようよ、と思ったわけです。

--

矢にノックがないとか、フックが明らかに変(親指がストリングより前に出てる?)とか、他にもツッコミどころはあるじゃないか、とか言わないでね。

じゃあ、弓道のイラストの方はどうなんだ。経験者に見せたところ、あからさまにおかしなポイントはない、とのこと(一瞬しか見せてませんが)。私は弓道の知識がまるでないので何とも言えません。ただ一点、弦の張り方がおかしいようだ。弓の両端(末弭、本弭)ではなく、ちょっと中央寄りの部分(上切詰藤、上切詰藤?)から弦が延びているように描かれている。そんなちょうどよさそうな部分に何かがぐるぐる巻いてあるもんだから、そこで弦を止めているんだろうと思っちゃった、という感じでしょうか。

和弓の心得のある方、間違ってたらツッコミください。

2006/02/13(月)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。