日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
バイターアウトサートノック

継ぎ矢の継ぎ目 バイターのアウトサートノック(Beiter Out-Nock)なんて、真後ろから当てられちゃえばシャフトを保護するという点においては何の役にも立たない、の図。

後ろ側の矢は、前側の矢のアルミコアをペンチで丁寧に広げて、横方向にそーっと外すことでかろうじて生きました。ちょっとこすれた跡がついてるけど射ってみたら平気だったのでまあ大丈夫でしょう。

前側の矢は、完全に割れちゃった部分をニッパーで切り取り、カーボン繊維のささくれ(コイツはマジ本気で危険な存在なので、マジ本気で注意しましょう)が刺さらないように後端をマスキングテープでぐるぐる巻いたら、なんだかミゲルみたいになっちゃって胸が痛かった。

ところで、バイターと言えば、某部の部室の棚に「パラドックス(ベータ社)」と書かれたビデオがあったので見てみたところ、Beiterの「The way to the Center」だった。「Beiter」を「ベータ」と読んでしまったらしい。正しいドイツ語読みなんて知らないけど。


※ 「24」のSeason II(だっけ)参照。

2006/02/11(土)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。