日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
あ~あ~矢がぁ~矢がぁ~!!

私実は暇だったので、重い腰を上げて某公園の弓道場へ独りで出かけました。最近弓ばっかりやってるのだけど、NEW矢(A/C/E)をデビューさせたばかりなので、早いとこ調整を完了させたかったのだ。

平日は当然ながら空いているレンジ。準備運動もそこそこに(良い子は真似をしてはいけませんよ。アーチェリーはスポーツですからね、ウォームアップは入念に行いましょう)、NEW矢になってからは2回目となる50mを射ってみる。そしたら矢飛びは良いし、当たるわ当たるわ。自分じゃないみたい。仕方がないので〝付け矢”は無いものとして最初からスコアを取り始めた。そしたら…。

どーん。記憶にある限りの50m自己ベストを24点更新。つまり今までが悪かったわけですが。NEW矢を使い始めて3日。スパインが合ってないという確信の下にプロ○レクトを使い続けた日々は何だったのだろうか。

せっかくなので続けて30mもやってしまおう、ということで30mに移動したのだが、おじさんと話しつつやったら1射目6点。あと2射は9点にギリギリ入ったものの、つーか明らかにサイト合ってねーだろという感じだったので、“付け矢”ということにしておいて、サイト+プランジャーをいじって再スタート(ずるい)。そしたら、当たるわ当たるわ。引きが一定じゃなくてエイミングが長くなりすぎてるのに、狙いすぎてるのに、ひどいときは途中でまばたきとかしちゃってるのに、そんなに大きくは外れない。という感じであれこれ考えながらポンポン射っていたら…。

「継ぎ矢」あるいは「矢継ぎ」

確かに、思い返せば、的に当たった音が「パン!」(畳が硬い、中心じゃないところに当たった音)でもなく、「ポッ」(中心の、藁がぼそぼそになったところに当たった音)でもなく、「チシッ」って聞こえた気はしたんですよ。でもまさか、こういうタイミングで起こるとはね。

遠近法で細工した写真じゃありません。いわゆる継ぎ矢※1です。人生初です。あ~あ~がぁ~詳しくは後述~!

その後も心を強く持ってスコアを取り続け、気付いてみたらショートハーフの練習自己ベスト(2日に分けて取ったものを含まない)を49点更新していた。つまり今までが悪かったわけですが。NEW矢を使い始めて3日。スパインが合ってないという確信の下にプロ○レクトを使い続けた日々は何だったのだろうか。


で、詳しくは後述~!の続き。えー、最初に書いたとおり、このNEW矢(A/C/E)はデビューさせたばかり。具体的に言うと、使うのは3回目。矢の本数と練習量から計算すると、1本あたり20射前後しかしていません。5,000円※2の矢が20射で死亡。つまり、1射あたり約250円。射場の1時間の利用料より高い…。継ぎ矢したときが30金だったのがせめてもの救いである。

だから何なんだ系の話になってしまった。

ムスカ全セリフ集
http://homepage3.nifty.com/keiba-com/msk.htm

--

※1 的上に刺さってる矢の後ろに、後から射った矢が刺さること。刺された方の矢はほぼ100%の確率でダメになる。刺した方も高い確率でダメになる。「矢継ぎ」とも。というか、どっちの方がメジャーな言い方なのか知らない。
[2006年2月12日]

※2A/C/Eは1本5,000円」という思想が広く一般に通用しているが、私は自分で作ったので実際は1本約3,300円程度。どちらにしろ消耗品にしては高すぎだろーがよ。


ちなみに、プロ○レクトが悪いという話でも、A/C/Eが良いという話でもありません。自分に合っている(と思える)矢を使うことが重要、という話です。

2006/02/10(金)| 洋弓| トラ(0) | コメ(2)
コメント
この記事へのコメント
Re: あ~あ~矢がぁ~矢がぁ~!! - nenoved
継ぎ矢って既に刺さった矢に後から射った矢に当たる事?
良くあることなの?

後ムスカってクールだよね。
2006/02/11(土) 20:10:37 | URL | [編集]
継ぎ矢 - すしる
そうです、そういうことです。追加説明を書き足しておきました。
確率としては、例えば私の技術で30mの距離を射つとグルーピング(的中のバラつき)の大きさが直径15cmの円になると仮定しよう。それで3本の矢を射ち、2本の矢(直径5.2mm)がたまたまほとんど同じ場所(少しでもずれると弾かれて逸れるので)に飛んでいくくらいの確率。
部の後輩は半年で3回か4回やったけど、私は過去4年で1度だけだ。
2006/02/12(日) 12:29:10 | URL | [編集]
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。