日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ニュース要約2

宮里藍さん父を脅迫

宮里藍さんの父を脅し現金を取ろうとした男を逮捕。「現金500万円をもってこい」との文章を送りつけた疑い。
(毎日新聞、1/25 1:30、Y!社会(携帯版)より)

(この記事に関してはみんながみんな同じことを思ったようなので今更書くのもアレだけど一応書いておきます。)見出しだけ見ると、あらぬ誤解を抱きかねない。Y!モバイルのニュース、誰が選定して誰が要約してるんでしょうかね。はっきり言ってアホです。いや、もしかして「なに!?」と思わせてアクセスを稼ごうとしてるのか、下世話なスポーツ新聞のように。

しかし、この見出しは、心得のある人が見れば、「日本のメディアは、容疑の掛かった人物に“さん”は付けない」ということを予想し、変に誤解なんかしないかもしれない。って、そういう問題かよ。

じゃあ、どうあるべきなのか。モバイル画面上ではレイアウト的にあと一文字くらい入りそうに見えたのだけど…仮に見出しの字数制限が9文字だったとしよう。まず、コトバの面で考えるべきは、主語・目的語の再選、「てにをは」の再振りだけど、…以下略。次に、社会的了解(?)の面で考えるべきは、「宮里藍」とフルネームである必要はあるのか、ということ。他の宮里さんや藍ちゃんには申し訳ないけど、私的には、フルネームでなくても良いのでは?と思う。あと、「さん」は必要なのか。世間的には、往々にして有名人には敢えて敬称つけなくてもいいや的風潮がある気がするのだけど。

ここまで書いておいてナニだけど、「世間」とか「社会」に最も遠い私が語るべきことではない気がしてきたのでこのへんでやめます。

http://blog.livedoor.jp/musashimaru0053/archives/50525987.html
http://www.blog-headline.jp/sports/archives/2006/01/65.html

--

「…筆者が愛読する『東京スポーツ』…(中略)。衝撃的な大見出しの下に小さく「か?」とか「の可能性」などと記す編集方針に惹かれ、電車に乗るときは必ず買って読んでいる。」(『空想科学[映画]読本』柳田理科雄、扶桑社、2001、P.105の脚注)

この新聞、その編集方針に本気で騙されそうな気がしていた頃は嫌いだったが、今では嫌いではない。

2006/01/28(土)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。