日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
おっしゃいました

自分自身は、願わくは“正しい”尊敬語&謙譲語ユーザーでありたい。しかし、世の日本語スピーカー全員が、というか日本語そのものが、“正しく”あってほしいとはこれっぽっちも思っていない。

けど、そりゃあんまりだろ、という例に出くわした。いつか、どこかの会社の若い男性と、電話で話をしていたとき。自分は「お客様」という立場。今では具体的な状況を全く憶えていないので、適当な会話をでっち上げてみる。

えー電話番号がですね、XX、XXXX、XXXXになりますので、もし何かありましたらご連絡いただければと思います。
あの、もし、当日行ってみたらやっぱり8本足だったっていう場合は、どこに連絡すればいいんですか?」
あーその場合もですね、えー私が今おっしゃいました、電話番号にお掛けいただければ大丈夫ですので。
……。

こいつ、自分の発言に「おっしゃいました」とか言ってるよー。「ご連絡してください」とか、言い回しをちょっと間違えるならともかく、違う単語じゃん、それ。

にしても、大仰な単語だなあ、「おっしゃる」。“オオセアルの約オオシャルの転”(「広辞苑第五版」より)。約したり転じたり、単語も大変である。「言う」なのに。

2006/01/20(金)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。