日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
満員電車

根性がないので仕方がない。雨の日は電車に乗るしか。ところで、混んでる電車は世の中の嫌いなものランキングの上位に入るのだが、乗り降りの際に「押さない」ことに関しては気を遣っているわたくしである。

NENOVEDくんの言う嫌いな人、「電車を降りる時や乗る時にやたらに押してくる人」とは正反対とも言えなくない私だが、混んでる電車に乗ろうとしたと場合、押さずしてどうやって乗るのか?答えは簡単である。世の中の人の大半は「いい人」なので、乗る素振りを見せればひとりでに引いてくれる。スペースは自然と出来上がるものだ(経験したことのない人は一度お試しあれ)。降りるときは、自分が押さずとも後ろから自然と押し出されるので、流れに抗わず乱さず移動すればよい。

簡単に言うと、自分より1段階奥にいる人に、「やたらに押す人」の役目をなすりつけて悪者に仕立て上げ、自分は悪くないよ的にすました顔をする、諸悪の根源黒幕的な存在なのである。

まあ、「やたらに押す人」は「やたらに押さないと動いてくれない人」という、どーしようもない輩がゴロゴロしてるせいで不可抗力的にそうなってしまった人だ、と考えれば、私は諸悪の根源ではない、中性子のひとつだとも言えなくないが。

それにしても、ドア付近にお乗りのお客様で、一旦外に出てスムーズな乗り降りに貢献するという至極簡単な常識的行動を断固として取らない奴を見ると、ほんっとに死…都会なんかに住まないでもっと密度の低い地域の人口の構成要素になって廃線の危機に瀕している第3セクターの乗降人数増加に貢献して世のため俺のため鉄道ファンのため味のある路線の保護に努めやがれ!と思わずにはいられない。個性派であれ、なんていう難題は押し付けないから、無害な存在であれ。

http://blog.drecom.jp/nenovedo/

2005/04/11(月)| みぶンるい| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。