日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
◆JP/クラムボン

JP/クラムボン
(ワーナーミュージック・ジャパン、1999/10/06)★音楽(アルバム)

私は重低音強調推進派だ。自作の音源のミックスはたいてい低音が出過ぎている。学習能力がないのも困ったものだ。さて、愛用しているSONYの耳かけヘッドホンが、思わしくない。低音が強すぎる音源だと、たまーに右だけビビってしまうのだ。でもそうなるのは自作音源だけだと思っていた矢先、こいつの気持ちよすぎるベースの音圧にヘッドホン氏がビビったのだ。うわっ。こんなの、堂島孝平『すてきな世界』以来だ(自作音源だけじゃないじゃん)。この、ちょうどよすぎる低音。ふつうここまでやったら悪趣味だと思うぞ。いいんだか悪いんだか分かりませんね。ようするに私が悪趣味だと言いたいんだろこのやろう(実際これは微塵も悪趣味には聞こえないけどね)

悪趣味かつリズム感のないわたくしは、何度聴いても、どんなに注意して聴いても、「いたくない いたくない」の、5/8拍子の混ざったような?歩調についていけません。当然、「パンと蜜をめしあがれ」のイントロのピアノのような、ひたすら3連符が続くのも無理。「ALL MY LOVING」でのジョンのリズムギターなんてもってのほかである。ちなみにビートルズ。

ピアノ?ギター?そう、これほどギターのないポップ音楽って、ないよな。鍵盤があれば(そしてたまにベースをひずませれば)ここまでできるのさ。ギターの、手軽さからくる高い浸透率を考えると、これは希少価値が高いに違いない。マニアの間では高額で取引されているであろう姿が目に浮かぶようだ。

そこへ来て、自身の遠い記憶ともリンクして、目に浮かぶような歌詞だ。発信されているのは、通常は言葉だけであるのに、そこに今なら映像特典がついてくる大変お得な歌詞だ。でも本当にすごいのは、、つまりは音、つまりは波長のはずなのに、物体としてそこにあるかのようなだ。目に浮かぶ。そんなものがあってたまるか。でもここにあるんだからあるんだろう。

。思い返してみると、楽曲は好きだけど自体は好きじゃない音楽人音楽って、けっこうあるものだ。が、逆の場合は?は好きだけど楽曲が伴わないというのは、アマチュアを除けば出会ったためしためしがない(または出会ったことを覚えていたためしがない)。私はこのがどうにも好きでたまらないらしい。毛細血管の隙間まで染み込んできて絡まって固まってそのまま東京湾だ。それが目に浮かぶんだから、地獄絵図だろう。

2002/02/28(木)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。