日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
◆トゥインクル/堂島孝平

トゥインクル/堂島孝平
(コロムビアミュージックエンタテインメント、1997/02/21)★音楽(アルバム)

このアルバムの初回プレス、あまり珍しくないのだけれど、それでももう新品はまず手に入るまい。「限定」に弱い私は、このものすごく黄色いケースのせいで買ってしまったと言ったらちょっと過言ではあるがまあいいだろう。何がすごいって、ケースが黄色いことだけではない。ちょっと、収録曲のキー(調)を見てみよう。

  1. ロンサム~: A
  2. のらくら: A
  3. レイニ~: G
  4. うらら: GC
  5. ゾンビ~: DG
  6. ジョニ~: A
  7. 白百合: G
  8. 煙突~: G
  9. サイドカ~: C
  10. ずっと~: G
  11. めぐり~: G
  12. きら星: D

という具合である。ちょっと移調はあるものの、Gが7曲!AとGを合わせると実に全体の8割にもなる。他もCとDだけ。難しいコードは(たぶん)出てこないし、カポなんかお呼びでない。これはまさにアコギ弾きのための超オモチャ箱だ。このアルバム全曲演奏出来ずしてアコギ弾きを名乗るなかれ。逆に、これが弾けたらそれだけで1時間の生演が可能だ。すごい。

ところで、私の持っている『トゥインクル』のケースには、小さなひび割れがある。ジャケットのステッカーの裏側なので見えないんだけど。これは数年前、このCDに一番はまって聴いている時に、TUBE『ゆずれない夏』の初回限定仕様だった「缶」ケースが棚の上から落ちてきたときに出来たものだ。当時は結構TUBEを恨みました。ファンじゃないし。でもこの缶、CDケース5枚入るので、持ち運びにとっても便利で、帰省の長旅のときなんかには…話がそれた。

2001/05/30(水)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。