日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
愛について

愛について/スガシカオ
(作詞・作曲:スガシカオ ←漢字だっけ?

私は歌詞を重要視しない。というか、歌詞カードを見ないで聴いている曲が圧倒的に多いし、歌詞が好き、とか歌詞に感動した、なんて思ったことはない。英語知らない頃から洋楽聴いてたし。逆にいつの頃からか、曲はいいんだけど歌詞は気にくわない、と思う曲が出現してきやがった。そんな中、この曲。前から知ってたし、そんなに好きでもなかったのに、ある時突然、歌詞がすごく伝わってきて、心の中で泣いた。一体何が起きたのか、二十歳前後の俺。
[2001年2月]

シカオ氏は、(昔、オーディションか何かで)「君の曲は歌詞が大人すぎて中高生あたりの購買層にはウケないよ」と言われたらしいが、じゃあ私はこの時彼の歌詞が解る程度に大人になったのか、というと別にそういうわけではないと思いたい。
[2002年2月4日]

2002/02/04(月)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。