日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
月影

月影/斉藤和義
(作詞・作曲:斉藤和義)

♪ミミミドファミレドレレレシミ~

すごくキャッチーだ。このデダシ、どこかで聴いたことがあるような??と思うと、このメロディ、某バンドの出世シングル曲をはじめ、実に色んな曲に使われている。ここまでくると、パクリとか真似のレベルではなく、スタンダードか古典か、といったところだろう。ということは、私がこのメロディーをフィーチャーした曲を作っても、問題なしということだ。じゃあ作ってみようかな。

私は音楽を聴くとき、“歌詞を聴く”人ではないし、この人の歌詞が好きなわけでもない。でも、このフレーズだけはすごくツボだった。

十年前にもしもちょっと行けるのなら 何をしようかな

決まっとらんのかぁ~っ!と、思わずつっこんでしまう。毎回。だって、「もしもちょっと行けるのなら」ときたら、何か過去に残された強い思いにとらわれていて、それでそんなたわ言を言い出したと思うじゃないか普通。で当然気持ち悪い言葉が来ると思って一瞬体を硬直させた途端、スコンと気持ちいい言葉で裏切られる。意図してやってるんだったらこんなむかつくことはない

2003/08/20(水)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。