日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ばら色の人生

ばら色の人生/かの香織
(作詞・作曲:かの香織)

一言で言うなら、他愛もない曲。そんな感じでしょうか。ひさびさに聴いたら、いい曲だなって思えた。涙が出そうなくらい。病気中だからかなぁ。私は歌詞じゃなくてメロに感動する。こういうメロに。最近、音楽を聴くことが(厳密に言えば、CDをプレイヤーに入れて再生することが)以前にも増して苦痛なので、あまりこういう曲、自分で聴こうと思わなければ聴く機会がなさそうな曲、を、耳にしていなかったのだが、耳にしてよかった。口ずさむことがとても心地よい曲だ。今まで知らなかった。口ずさむのが心地よい曲の代表といえば、くらよえの「想い巡り」。眠れないときによく口ずさんでいた。まさに今、ばら色の人生である。将来振り返る頃には、色褪せているか、色濃くなっているか。

2004/04/29(木)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。