日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
Believe in Magic

Believe in Magic/ARCH

僕が知ってる限り、ちゃんとCD出してる人の中で最も歌が下手な部類に入る。と思ってたけど、改めて聴くとまあこれはこれでアリかなという気がした。寛容になったのか、鈍ったのか。持ってるけど聴いてないCDの発掘プロジェクトで第一に思い出したのがこの曲。1フレーズしか憶えてなかったのだけど、その1フレーズの強烈さときたら、これ、まじ、すごすぎ。「ざさーんえーんえんpてぃーsかーいあいびーりびまあじ~っ」てなもんです。英語なんだけど、英語発音ではなく、かといってよくあるカタカナ発音でもなく、なんともいえぬおどろおどろした感じが、爽やかに下手な歌声と相まって、怖いくらいのインパクトを放出してます。被曝してしまったら忘れられないでしょう。

歌詞カードを見てたら、「風の音」というところを「かぜーおとー」と唄っていた。何がどう間違ったかわからないが、「風音」だったらいい言葉だ、と思ったら広辞苑第五版にも載ってる普通の言葉だった。かざおと。

2004/06/01(火)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。