日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ロンサム・パレード

ロンサム・パレード/堂島孝平
作詞・作曲/堂島孝平

~すごい昔の記事のリバイズ~

花の高校生活。通学時間1時間20分(推定)。中学までの数十倍の距離。その約3分の1は、音楽がうめてくれる。まさに、人生を音楽へと導いて'く通学路だった。ちなみにここまでは余談である。当時私は、うれ(憂)しいことに、堂○光○に似てるー!と、ちょっと評判だった(髪型変えた途端に言われなくなったが)。

ある日、私としてはめずらしいことに、夜遅くにテレビを見ていた。そこで色んな、これから有名になるぞ~的なアーチストの新譜の15秒CMを連発するやつに出くわした。15秒じゃあ分かるわけないじゃん、と細い目で見ていた、そのとき、ひとりの、マッシュルーム男の声にピンときてしまったのだ。その15秒足らずの間に、脳みその中ですごい化学反応がおきたのではないか。慌てて名前を書き留めようにも、書くものがなかったので(取りにいくのが面倒だったらしい)、とりあえず覚えよう。ドウジマコウヘイ…堂○光○に似てるな。…どこがやねん。と、見事覚えることに成功(?)した(後日思い出すときに、堂○光○じゃなくって、ドウ…なんだっけ、コウ…なんだっけ、としばらく考える羽目になった)。

数日後、田舎住まいの私は、大好きな友達、とまちゃん(onギター、男)とともに、たまたまシティーまで出かける機会があって、タワレコに足をはこんだ。何かCheck it outなのがあったような…ということで、上記の要領で思いだし、いざ探してみると…なんだかすっごく黄色いアルバムが、ばばーんと面列されているではないか。しかも「特典あり!」と紫色に訴えかけている。特殊ジャケと特典に弱い私(バカ?)は、買ってしまうのである。その、すっごく黄色いケースに入ったCDが1周する頃には、私の中に、“マイ・フェイバリット、ドウジマコウヘイ”と、確固たる地位が築き上げられていることだろうとは夢にしか思わずに。

私が最初に聴いた堂島節が、この「ロンサム・パレード」のサビの約15秒でした。それからしばらくの間、某コンビニのCMで何度も耳にすることになる。CDラックに堂島孝平の過去作が揃うのには、さほど時間はかからなかった。しかも、田舎者の特権キラリ。すべて初回限定仕様。
[1999年12月31日/2003年8月21日]

注:当時のタワレコの「特典あり!」ステッカーは、紫地に白文字だった。

2003/08/21(木)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。