日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
よそう、よそる、もる

近い将来も、「お茶碗」にご飯をよそって(米)食べる人はいなくならないと思うが、「ふでばこ」にシャープペンシルを入れて、学校に着いたら「げたばこ」にスニーカーを入れている子どもはまだいるだろうか。夜は「寝巻き」を着て寝てたりして。いや、ただそれだけです。突然思いついたので。その手の例を探せば「プラスチック消しゴム」とか、今では少なくなった「蒸気機関車の図柄の踏切標識」とか、色々あるのだけど。…あるのだろうけど、とっさに出てこない。


(米) それでふと思い立ったのだが、あなたは、「ご飯をお茶碗にどうする」か?皆様がどう言っているのか、ウェブ上で使用状況を(ざっと)調べてみると…

1位…「もる(もりつける、等)」
2位…「よそう(よそる)」
3位…「つぐ」
4位…「いれる」
その他…「そえる」「とる」「わける」「そそぐ」「あける」「のせる」

だそうで。あれ?「つける」が抜けてる。ま、いいや。少数派は、特殊な状況もあると思うので何とも言えないのだが、個人的な感覚からすると、3位「つぐ」と4位「いれる」は、どう考えてもアウトだと思うのですが、どうですか。

ついでに、「ご飯をよそおって…」というのがごく稀に見受けられたが、あまりご飯の振りはしないでもらいたいです。もとは同じ語なので漢字で書くとどちらも「装う」らしいですが。
[2003年7月16日]

つけたし。「よそる」は、「よそう」と「もる」との混交した語だそうです、by広辞苑第五版。
[2003年12月10日]

2003/12/10(水)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。