日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ねちゃねちゃの取り方

粘着テープってのは便利なものだ。しかし私はある意味嫌いだ。かなり、春場所を選ぶ。それは選べない。特に、原動機付自転車等のシートの破れをガムテープで貼り合せたりしているのは勘弁である。でも荷物の梱包なんかには必需品でしょう。ガムテープ無しで梱包しろというのは、電子レンジ無しで一人暮らししろというのと同じくらい酷だ。で、そんな一人暮らしの引越し荷物を開封していると、だんだんとカッターナイフの刃の側面にねちゃねちゃがついて切れなくなる。ハサミの場合は、刃を閉じると開かなくなる。

どうやってキレイにしますか。ガムテープを適量取り、粘着面を表にしてわっか(輪)を作って指にはめ、ねちゃねちゃの刃にぺったぺったと当てます。例えばマグカップを買って、貼ってあったシールを剥がしたときちょっと糊が残ってしまったら、その剥がしたシールをそこにぺったぺったと当てます。これで大抵はキレイに取れます。なんて簡単。でもちょっとコツがいる。なんて手間要らず。でもちょっとちまちま。私は、気付いたときには当たり前のようにやっていたのだが、結構知らない人がいるみたいだ。それは必要に迫られないからだ。ディズニーランドのおみやげは、おみやげだけに、価格(及びバーコード)シールがすっごく簡単にスッキリ剥がせるものになっている。なので、商品棚には、剥がれ落ちてしまった価格シールと、価格表示のない商品がよくある。難しいところだ。

2003/02/09(日)| みぶンるい| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。