日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
即席めん

ちょっとした昔話になるが、以前、小さな片手鍋を使っていた。ラーメン一人前でいっぱいになってしまうサイズだ。これの直径がまた小さいんだな。インスタント麺って、四角く固められてるでしょ。あれの角がちょうど入らなくて、少し削るか、ぱきっと半分に折るかしていたんだ。無理やり押し込むと、キュッとはまって、柔らかくなるまで浮かんでこなかったりして面白かったけど。そこへ来て、「明星チャルメラ」、何と丸型に固められている。11cmくらい。CDよりちょっと小さめ。こいつが元祖かどうかは知らないけど、とても感動した覚えがある。今はもうひとまわり大きい鍋を使っていて、あの頃みたいな感動を味わうことも減ってきた。でも忘れちゃいけない。ちょっとしたことに意味を見出すことで、人は感動できるんだ。

時に、ラーメンにキャベツを入れるの、どうして普及しないんだろう。CDくらいの大きさの(っていうとかなり大ぶりである)を何枚か入れるのが好きなんだけど。
[2002年6月2日]

上の記事を書いてから3年半。何となく調べてみてびっくり。「明星チャルメラ」は、2004年11月に四角形に変更されていた。

↓すべての答えがここに。
チキンラーメンは昔、長方形だった!」(R&S、Excite エキサイト ニュース、2005年07月20日 09時50分)

当初丸型だった理由も、私が思ったとおり。そして、私が鍋を買い替えて間もなく、他の理由を優先して四角に変更。時代とともに日本人の体格は大きくなり、クルマの全幅も排気量も大きくなり、ガステーブルも広くなり、鍋も大きくなった。小さい鍋を使う人も少なくなった。珍しく時代の流れに乗ってしまったようだ。

2006/01/13(金)| 形あるもの| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。