日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ぷよぷよ

ぷよぷよ(コンパイル、1991~)

落ちものゲームに才能を発揮することがわかったのは、中学生くらいの時だ。PC98用のぷよぷよを手に入れたときだ。実は正規版ではなかった気もするがたぶん気のせいであろう。早い話このゲームにかなり入れ込んで、上達した、というだけである。後に「ぷよぷよ通」が発売され、念願だったNEXTぷよのさらにNEXTぷよが表示される仕組みが現実になったが、プレステをはじめいわゆる“次世代”ゲーム機が誕生した頃にようやくスーファミを手に入れたようなゲーム遅れ人間の私にはあまり縁がなかった。某ストIIターボというゲームで、ただの1勝すらさせてもらえなかった(本当)友にも、ぷよぷよで負けることはただの一度もなかった(本当)。田舎には張り合いのあるぷよぷよマニアがおらず、わくわくするような戦いを味わうこともないまま、今はただ錆び付いた腕と、別の友人がくれた「すけとうだら」の縫いぐるみが部屋で埃をかぶっている。
[2002年4月16日]

これまで遊んだのは、『ぷよぷよ』(PC98)、『す~ぱ~ぷよぷよ』(SFC)、『ぷよぷよBOX』(PS)。「とことんぷよぷよ」の自己ベストはPC98版で出した15,000,000点くらい。昔はヒマだったなぁ。
[2003年11月29日]

--

2005年も終わりが近付いた頃、超~久々にぷよぷよをプレイする機会があった(『ぷよぷよSUN』だったかな)。腕が鈍っていて驚いた。「このぷよをあの場所に置きたい!」と瞬時に判断することはできても、指(操作)が追っつかなくて、思った場所に置けない。初めての感覚だ。つーかそれ以前に、主に「初代」しか遊んでいなかった私は、素早く5連鎖を組む技術に特化している(その他の技能は歴史が短いために忘れてしまった)ため、他シリーズだと必ずしも勝てない…。別にいいんだけど。
[2006年1月13日]

2003/11/29(土)| 形あるもの| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。