日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ミニミニ大作戦('03)

ミニミニ大作戦/The Italian Job(2003、米)

元祖「ミニミニ大作戦」(1969年)を観る前、どころかその存在を知る前に書いたメモ。

まあ色々あったんだけど、ミニの知名度と話題性にあやかっただけの映画、総合的にそう判断した。序盤で旧ミニが元気よく走るのを見ると、お、来るかな~と、期待はエグゾーストノートと共に高まるのだけど(あのへんは良かった。ありがちだけど縦列駐車とか。どうやって出るんだろ、とか思いつつ)、そのまましぼんでしまう感じ。これ、こんなタイトルだけど、クルマ映画じゃないよ。そもそも原題は「The Italian Job」。でもミニは英国車。"Italian hand"と言うと違う意味があるっぽいので、その辺の絡みでしょうか。イタリアならFIAT 500でしょうが。

クルマ映画じゃないんだけど、クルマ映画として見ると、解せないんですね。廊下が狭い(182cmらしい)。じゃあちっちゃいクルマを…で、なんで旧ミニじゃなくて新ミニが出てくるんだよ。ちっちゃくないじゃん。

クルマサイズ比較(04年4月調査)
車名全長(mm)全幅(mm)ホイールベース(mm)
旧ミニ(Cooper)307514402035
新ミニ(Cooper S)362516902465
FIAT 500(?)297013201840
ヴィッツ(1.5RS)366016602370
フィット(1.5T)383016752450

別にさ、何度も言ってるようにクルマ映画じゃないからどうでもいいんだけど、はじめに旧ミニを見せといてそりゃないよね、っていう感じである。まあ確かに、1トンのお宝を載せて走るのに旧型じゃあちょっと、というのはわかるけど、新型だって(Cooper Sの、120kwというのは見事だけど)結局秘密のチューンしてんじゃん。そう考えると、ただの宣伝だとは思ってたけど、本当にただの宣伝に見えてきた。調べてわかったんだけど、新ミニってヴィッツと同じくらいなんだね。同じ土俵だとは思ってもみなかったのだが。

まあクルマ映画じゃないから、クルマ映画じゃないとして見れば、初っ端の「え?」的展開から、とっても満足できる締めくくり方まで、新ミニと同じでよく出来ているとは思います。きれいにまとまった感じ。だからこそ、新ミニと同じでなんか物足りないんだよね。
[2004年4月3日]

んで、ここまで書き終えてから1ヶ月くらい放置してたんだけど、これって30年ちょい前に作られた映画のなんというか新しい版みたいなのなんだね。それを知らずしてこんなこと書いてちゃあいかんよね。ちなみに他の人のレビューを見たら、「タイトルが拙いせいで敬遠されてるのが惜しい」みたいな話だったけど、私としては、このタイトルじゃなければおそらく見ることはなかったわけで、その辺が面白いところであります。

2004/04/30(金)| 映画| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。