日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ぶるぶる

アーチェリーを始めて、日常生活に支障が出るようになった。…と言うとそれはようするに日本語の間違いというやつです。悪い影響は大してない。いや、そりゃまあたくさんあるといえばあるけど。お金が飛ぶとか。けど今言いたいのは――日常生活でのいろんなことをアーチャー的に考えるようになった。たとえば。

トップアーチャーさんの話によると、ふるえない人間はいないのだそうだ。生きている限り、人間は必ずふるえるんです。そりゃそうだよな。ただつっ立ってるだけでも、実際には重心はふらふらと揺れ動いていて、常にバランスを取りながら、姿勢を維持してるんだ。でーんと立ってる人形とは違うんだよ。だから、足の裏なんていう狭い面積でも立っていられるのだ。

わたくしは写真に写るのがとても嫌いでして、「じっとして」と言われると、逆に痙攣してしまうんですが、アーチェリーでも同じことでしょうね。エイミング中に、サイトピンをピタッ!とゴールドに固定しようとすると、逆に変にブレてしまう。ちなみに「ブレる」は「振れる」が濁ったものです。日本語では濁るとなんとなく良くないものを意味します。ダマになるとか。それは置いといて、だから、サイトピンが的の上を自然に漂うようにしてればいいわけです。その漂う範囲をいかに小さくするかは、訓練で変わってくるのかもしれませんが、それは決して固定に向かっているわけではないということです。

でも、それでも固定したい瞬間がある。シャッターを押す瞬間です。カメラの。くり返すが、人間は生きている限り必ずふるえるものだ。でもさ、シャッターを押した、その瞬間くらいは微動だにせずにいられないものだろうか。瞬間と言っても、わたくしの使っているデジカメは、レリーズタイムラグ(レリーズとか言うけど、リリースと同じ単語だよね)約0.01秒なので、押した0.01秒後からシャッター切れるまでの、しばらくの間のことだけど。

現実的には、このシャッターを押すという作業が、まずブレの原因になります。そりゃそうだよね、指動かしてるのに、その指が触れてるカメラ本体がまったく動かないなんて無理だもんね。だから、タイマー機能を使って、ボタンを押してから1秒後とかにシャッターが切れるようにすると手ブレの防止になります、なんてことが説明書には書いてあったが、それはアーチャー精神に反する。リリースした瞬間に矢が飛び出さないアーチェリーなんてあるかよ。アルミからカーボンになって矢が軽くなった分、リリースの動きが矢に伝わりやすくなり、その結果ダイナミックなリリースは鳴りをひそめ、よりコンパクトなリリースが主流になってきました。人によってはデッドリリースなんて言うみたいだけど、いわゆるデッドではないよ。スライディングリリースなんだけど、その動きがコンパクトになったということ。あーこんな話を書くときはコンパウンドでリリーサーの使い手でありたい。あれのほうが、カメラのシャッターを押す瞬間の精神状態により近い気がする(想像)。

さて、リリースすると、0.0何秒(?)とかで矢は弓から離れて空中に行ってしまうので、その後アーチャーがどんな動きをしようと的中には一切影響しません。これが「フォロースルーなんていらない説」の根拠だが、この話はまたこんどとして、カメラはそうはいかない。

シャッタースピード。そんなものがある。一般的に明るければシャッタースピードは速く。ちなみにマイデジカメは最大2000分の1秒。2000分の1秒間に長い距離を動くなんて、やろうと思ってもなかなかできるもんじゃないので、こういうときは何やってても手ブレなんてしません。走ってる車だって捉えることができる。しかし、それが暗いところとなるとどうなるのか。逆に一番遅い設定にして、シャッタースピードは1秒。1秒間微動だにしない。できそうに思えるけど、アーチャー的に言えばこれは不可能である。不可能だけど、やっぱりできたらいいな。ブレの大きさだって、訓練によって変わってくるかもしれないでしょ。そんなこんなで、今日も三脚ナシでシャッタースピード1秒に挑戦する。さすがに半分以上はブレちゃうけど、それでもたまに止まってくれることもあるんだよ。そう思うと、アーチャー的な夢は膨らんでいく。

2004/05/24(月)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。