日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
もう恋なんてしない

もう恋なんてしない/槇原敬之
(作詞・曲:槇原敬之)

ついでに。イントロが好きだ。80年代後半から90年頭くらい(だと思う)風の音が好き、というより、この曲は特別だ。低音から高音、柔らかい音から硬い音までが、人間の耳に一番心地よく響くように計算されて完璧に配置されている。分析したわけではないけど、そうにちがいない。詩はこの人お得意の、口語文調。音韻を意識させない。と思ったが意味で記憶されているわけでもないらしい。「君がいないと何にも/できないわけじゃないと/カバンを火にかけたけど」「ほら 超ショックも作れたもんね/だけどあまり松竹梅」なんかちがう。92年5月25日発売のこの曲に関しては、某関西系バンドの一人が、90年代で一番印象に残った曲に挙げていた。タイトルがね。どっちやねんてな感じでね。そこから連想されるのは「To Be With You」(MR. BIG)、「恋せよ乙女」(WANDS)、ちょっと違うけど「咲き乱れよ乙女たち」(CASCADE)あたりか。

2003/05/31(土)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。