日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
ベスト・キッド4

ベスト・キッド4/The Next Karate Kid(1994、米)

原題をそのまま邦題にも使った方が良かったのではなかろうか。続編というより番外編な感じだし。でも「ネクスト~」にすると頭文字が変わってしまうのが問題というならば、「ベスト・キッド・ネクスト」とか?変だな。邦題を考えるのは大変である。“joyride”に「ふたりのときめき」、“I WANT TO HOLD YOUR HAND”に「抱きしめたい」とつけた担当者に合掌。じゃなくて拍手。

なんでもいいけど、ヒロインがものすごーく、かわいくないんだよな。なんかこう、ブサイクなの(後にアカデミー主演女優賞×2らしいけど)。きっとそれがいいんだろうな。知り合いにもいますね、こういう人。でもこの映画の主人公はあくまでミスターミヤギである。目が痛くて見てられないほどに輝いている。ミヤギさんのキャラだけでここまでシリーズを引っ張っちゃうのだから、大したものである。「アルファ・エリート」の名前といい存在そのものといい、なんだそりゃ的な終わり方といい、シリーズ伝統のB級さもしっかりと持っているし。まあいいんじゃないすか。ただ、仮にマイケル・ジョーダンがただのバスケットボールプレイヤーであったとしても、クルマはレディー同様丁重に扱いたい。頼むからさ。
[2005年2月頃]

--

私は基本的に、日本の文化を間違えてるだの、そんなカタねーよだの、物理的に不可能だっつーのだの、映画の無知を笑うことは好きではない。映画はあくまでエンターテインメントであるのだから(というのは本当の理由ではないけど)。がしかし、お寺の人が弓道の弓具っぽいもので矢を放つシーンだけは、ちょっとマズイんじゃないの?と思った。私は弓道のことは何も知らん。けど、あの射形が、フォームが、極度におかしいことだけはわかる。ちったあ勉強しろよな。
[2005年4月8日]

2005/03/31(木)| 映画| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。