日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
スタジオ

街で見かけたならともかく、電話帳とか、文字情報しかない媒体で「スタジオ」という言葉を見つけると、それが何なのかを理解するのが非常に困難に思える。

名称で「スタジオ」と謳っている可能性があるものは、「音楽(練習/レコーディング)スタジオ」「美容室」「写真屋さん」「展示スペース」「工房」など、今思いつくだけでも色々ある。テレビ局なんかにあるのもスタジオだし。

で、今まで考えもせず、調べもしていなかったので、英辞郎on the Webで「studio」を引いてみたら、「仕事場{しごとば}」という項目があるではないか。そりゃあ多岐にわたるわけだ。「カッコいいから」という理由で、この言葉を単独で名称に使用している人、何も知らない人が見てもわかるように工夫してくれるとうれしいな。「わかるヤツにだけわかりゃあいいんだよ」と思っているのならそれはそれで賛成ですが。

ところで、このように比較的古くから日本で使われている外来語は、発音をそのままカタカナで表記したもの(英語の「studio」をカタカナで表記するなら、「ステューディオ」てな感じになると思うが)とは異なるかたちで広まっている語が多いが、「スタジオ」は何か不思議。「dio」→「ヂオ」「ジオ」はわかるとして、「stu」が「スタ」になるのが何となく違和感。古くから日本語に入ってきている英語は、最初に入ってきたのが英語じゃねえとか原因は色々あるだろうが、往々にして、スペリングをそのまま読んだものに近いかたちでカタカナ化されてるように思っていた。その例に従うと、「スツヂオ」から始まって、現代は「ストゥジオ」か「ストゥディオ」(言いにくい)になっててもおかしくないんじゃないか?

「ジーゼル」→「ディーゼル」とか「ゼネレーション」→「ジェネレーション」とか、小さいカタカナの台頭はもとより、カタカナ語は「ローマ字読みしたもの」から「音をカタカナ表記したもの」に徐々に変化していってますね。「ガラス」と「グラス」、「コップ」と「カップ」のように二重人格化しているものはともかく、例えば「Mustang」が、「ムスタング」から「マスタング」に途中から変わったように(…よね?)。「チーム」「コーヒー」など、しぶとい語もありますが。お、それを考えると「ステッキ」とか「ケーキ」って不思議な存在だ。

…そこまで話を拡張すると手に負えなくなってしまうのは最初からわかってるんだけど。まとめ上手にはなれない。
[2005年11月11日/11月28日]

2005/11/11(金)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。