日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
井の中

覚えのために書いておこう。この日はちょっとしたイベント(私は、その主催者が考えているのとは全く別の理由で、これを結構重要視している)で、30m36射だけして、初優勝した。一応試合形式なのに、練習時の自己ベストを10点も更新して。なぜか。今使っている矢が今の状態であるのはこれが最後のつもりだったので、有終の美を飾ってやろうと意気込んでいたから。その、今使っている矢が今の状態でなくなるというのは事情によりキャンセルになったのだが、それはまた機会があれば別に書くとしよう。って、そんなに回りくどく書く必要があるような話じゃないんだけど。

で、なんでわざわざ記事にしたかという理由を後付けで考えていたら思い当たってしまったのだけど、壁にぶち当たったらしい。恥ずかしいけど、たまにはありのままを書きます。この日、私は「金を確実に捉えられそう」な“感じ”を掴んだ(くれぐれも間違えないでほしいが、金を確実に捉えられるわけではない)。けど、同時に、「10点を確実に捉えるのは無理」という感じを持った。

ここからが分かれ道だ。今のままで満足するなら、それでよし。が、もう1ステップ進むのであれば、少なくとも自分で気付いている問題点は片っ端から葬り去っていく必要がある。それには、時間とお金と労力と、やる気が要る。アーチェリーイズマイライフ系じゃない私にとって、それはそう簡単に踏み込める道ではないのだ。中途半端は嫌いなので、一度踏み込んだらなあなあで終わらせるわけにはいかない。つーかそもそも現状がものすごーく中途半端なのだ。
[2005年10月上旬?]

と、ここまで書いて中断していたら、中断が長すぎたようで、続きに来るべき言葉をなくしてしまった。まあ、いいや。たまには故意に、いつものように、なあなあで終わろう。私のアーチェリー人生のように(終わってない)。
[2005年10月28日]

2005/10/15(土)| 洋弓| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。