日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)
秋の全国交通安全運動

なーんか敵(警○の人・車両)の数が多いなぁと思ったら、アレですか。それにしても、主要な交差点に1人以上配備する人員が、普段は何をしてるんだろう。普段サボってんじゃねーの?と言いたいわけではありません。どっか手薄になってたりしないのかね。

で、今回、初めて期間中に首都圏以外(某県と某県の田舎道と市街地)を走ったのだけど、驚くべき事実が。

何もやってない。ごくごくたまーに、ガードレールに「交通安全運動実施中」とかいう旗が並んでるだけ。故意に話を逸らすけどああいう旗は「安協」という天下り専用の悪の組織が無駄に作っていて、一般人からは「意味がない」どころか「却って視界を妨げている」という声すら聞かれるという噂をその昔に耳にしたのだけど、本当でしょうか。関係者の方情報を求む。

閑話休題。「全国」交通安全運動なんて名前ばかりで、実は都心だけなんじゃないの?

そういう行事を行うのは結構なことである。が、せめて表向きにだけでも、点数稼ぎが目的であるようには見えないように、やってくれないものだろうか。

2005/09/27(火)| みぶンるい| トラ(0) | コメ(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。