日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

SS―エスエス―(2007、日)

何この学芸会。

用事ができたとか時間がないとか以外の理由で、途中で観るのやめたくなった数少ない(いや、実はたくさんあるのかもしれないが)作品。あまりの演技になっていなさに、妻役の酒井某氏とか子役の演技がとても上手いように感じてしまった(注:日本の子役の演技力は基本的に絶望的と思っているので、期待値が低かったせいもある)。客観的に上手いかどうかは知らん。

東本昌平氏の原作を読んで、トトロのしっぽをつついたメイのようにどうしようもなく嬉しくなっちゃって、映画化されているのを知って慌てて観たのだけど。なので原作贔屓なのは否めない。が。原作に必ずしも沿わないキャラクター設定とかは全くマイナス評価と思いません。『頭文字D THE MOVIE』のキャラクター設定なんか大好きだし。でもね。でもね。変えちゃいけないところがあるでしょう。原作のキモというか存在意義というか(と、私が感じた)の部分とか。それを横に置いて、全く別の存在意義を作るならそれは良い。素晴らしい。けど、この映画の言いたいことって何?この映画って何のために存在するの?…まあ、原作に対する私の最初の感想が、「すげー好き。けど売れないだろうなぁ(実際売れてるかどうかは知らないけど、万人に理解されるとは思い難い)」というものだったので、それをそのまま、私にとって心地が良い作品になるように映画化してしまったら、興行的に失敗するだろうけど。

でもね。そんなこともわからないのか。」と「ゴメン!落ちるワ。」のセリフ。一体どう解釈して音声化すればああなるんだよ!ほんと、“そんなこともわからないのか”。これは『青い車』を観てガッカリした時と同じ気分。このガッカリ感は原作崇拝者のたわ言と思っていただいても結構だが。あまりのガッカリ加減に、「そんなこともわからいのか。」の理想的な発音を求めて、独りで何度も口にしてみたけど、無理でした。全然関係ないけど原作に3回くらい登場する「ゴメン!落ちるワ」のシーン、毎回描き起こしてる(コピーじゃない)点に感服しました。

映像にしても然り。「CGを使わず実写のみで描き切った迫力の超絶バトル!」って。何この迫力なさ過ぎな走行シーン。だからクルマの走行シーンは引きで撮っちゃダメだとあれほど…。車載カメラにしても、道路だけ映す前方映像と、前輪が映る右サイドの車外カメラがほとんど。実際の走行速度がどうなのか知らんが、カメラワークに芸がなさすぎる。それだったらCG使いまくりで迫力出した方が何倍もマシ。別に「リアルな」走行シーンありきの映画じゃないでしょ。これでは予算の都合でCG処理ができませんでした、てへ、としか見えない。

登場車種にしても然り。原作の設定に固執する必要はないと思うけど、スタリオン4WDラリー(レプリカらしいけど)をわざわざ探してきてるのに、自動車評論家が、BBCトップギアでジェレミーに「コクスター」とコク評されたケイマンになぜ敢えて乗ってるのか。まさか“ミッドシップで軽いケイマンこそ最高のポルシェだ”なんていう「リアルな」理由ではあるまい。原作の、敢えて、敢えて、敢えてリアエンジンの911のRSなのは何となくしっくりきてたんだけど。あ、その代わりにフォーカス「RS」?…まあ、RS200が用意できなかったとか、予算の関係とかあるかもしれない。けど実際のところ、車種に関しては別に何でも良い。「ん?」と思わなくていい範囲であれば。クルマが主役じゃないから。

で、何だっけ。私はこの映画に何を観たのだろう。あれ、この映画観たんだっけ。もう一回観てみるかな。そのうち。たぶん。

スポンサーサイト
▼この記事|| 2010/03/12(金)| 映画| トラ(0) | コメ(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。