日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

「アクエリアス」アーチェリーバージョン
かなり古い話題ですが、アクエリアスが北京オリンピックの頃に出していたパッケージのアーチェリーバージョン。シルエットだけだけど、コレ、このハンドル、どっからどう見てもヤマハのフォージド2だよね。2002年にアーチェリー事業から撤退したメーカーの製品が2008年になってもまだこんなところで使われているという…。2002年にアーチェリー事業から撤退したメーカーの製品を2004年のアテネオリンピックで使用してメダルを獲得した某選手もいることだし、現場でもまだまだ現役で使われてることが多いし、別にわざわざ言うほどのことでもないですが。モデルは誰だろう。押し手の突っ張りや肩の高さ、アテネでの功績を考えると普通に某選手なのかもしれないが(ただしアテネ当時の某選手ではない)。

ところで、改めてアテネの参加選手の弓を見ると…HoytのElan(エラン)で出場している選手が。さらにはRadian(レイディアン)で出場の選手も。下手すると10年以上前のモデルだよ?メーカーの絶好の広告塔であるオリンピック選手、いくらでも最新モデルを提供してもらえると思うんだけど、古いモデルを使い続ける人がいるってことは、やっぱり弓具はまるで進化していないってことだ。というか退化しているメーカーも。

スポンサーサイト
▼この記事|| 2008/11/02(日)| 洋弓| トラ(0) | コメ(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。