日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

海底2万マイル/20000 Leagues Under the Sea(1954、米)

いわゆる昔の名作的に思っていたが、実際はファ○ナルファ○タジーⅢ(だっけ?)の潜水艇に名前が使われていることくらいしか知らない。そして原作も読んだことがない。だめじゃん。

教授と助手が漂流していたのは大海原の真っ只中なのかと思っていたら、葬式の様子がすぐ近くに見えてるということは、どうやら浅瀬らしい。海って唐突に浅いところがあるの?それとも今は海底に沈んだという島が近かったのだろうか。海のことはよくわからないけど、潜水艦の後部に備え付けられたボートに蓋ができるようになっているなど、非常に芸の細かい映画という印象だった。

ところがストーリーは。大いなる“お宝”は、目前で消えてしまった。けど、それでよかったのかも。なんて、そのへんのコミックや小説でよく目にする手垢まみれの展開に、またこのパターンかよ、と思わず思ってしまった。けど、もしかしてこれが、世に溢れるそれ系のオチの元祖?だとしたらスゴイんじゃないか?だってこれ、何年前の作品だよ。

最近の映画っていうと、正義のヒーローがいて、悪の根源がいて、という親しみやすい(単純な)ものしか観ていない私である。しかし、何が正しくて、何が間違っていて、つーか何が主題で誰が主人公で何が善で何が悪なの?というこの映画の見事な構成は、却って新鮮に映った。比較的誰でも楽しめる系っぽいのにね。もしかして私の頭は退化しているのだろうか。

古い映画って、映像技術の現代との違いとかに目が行ってしまいがちだけど、そんなことにはまるで目が行かなかった。映像技術が優れているからではない。他に観るべきものが多かったのと、片手間に観ていたのが原因だ。

スポンサーサイト
▼この記事|| 2005/07/31(日)| 映画| トラ(0) | コメ(2)

日本国内のいわゆるベスパフリークのうち約2割が、この映画を観てベスパにはまったという。残りは2割が『さらば青春の光』、2割が『探偵物語』であとの4割が「街で見かけて」と「その他」。割合には何の根拠もなく、てきとう。

ところが私は、ベスパは好きだけどこの映画を観るのは初めてなので、「わぁ~フェンダーライトがいっぱい走ってる~」とか、映画じゃない方向に目が行ってしまった。残念。しかもクルマはトッポリーノじゃないか。ぐわぁ~こんな感動がしたかったわけじゃないぞ。

根底のストーリーは、いかにもベタベタなのかもしれない。けど、所々に仕掛けられた気をそぐような演出がわざとやってるものなのか、また肝心なときになんか気が抜けるBGMが意図的なのか、本当のところは知らないけど、私にはこれが、無条件に感動してしまわないよう、冷静にそれぞれの眼でそれぞれが見るべきものを見出せるよう、緻密に計算され配置された咳払いのように思えてならない。はぁ、やっと句点にたどり着いた。

そう思うと、最近の映画は、自動的に感動してしまうストーリー構成に、無理矢理涙を誘う演出&完璧なタイミングで追い討ちを掛けるBGM。さあここで感動しましょう!と言わんばかりの、妙にコントロールされてる感が、後から思うとすっごく醒めてしまう。その時はやっぱり乗せられちゃうだろうけどさ。ある意味もう少し不完全なものであってもいいんでないの?

▼この記事|| 2005/07/26(火)| 映画| トラ(0) | コメ(0)

ラン・ローラ・ラン/LOLA RENNT(1998、独)

某!オークションでビデオを格安(なんてもんではない超格安)で手に入れてみたら、日本語吹替版だった…。

久々に観たけど、思ったほどテンポが速いわけでもなくて、じっくり楽しめて、いい映画だった。しかしなぜ日本語吹替版なんだ。私の偏った価値観によれば、日本語吹替版なんてのは、子供が見やすいように、という以外に存在価値はない。子供!そうか、この映画はお子様に観てもらうといいかもしれん。

アニメーションが効果的に使われていて、テンポが良くて単純にサクッと楽しめるから、じゃないよ。「人生なんてこんなもので、こんなふうにしかならんよ」。そんなことを、若いうちからサクッと教えられていたら、どんなにか生き易いだろう。まだ子供の私は、今回これを観て、何だか救われた。救われて初めて、自分が救われなきゃいけないような窮地に立たされかけていたことを知った。観なけりゃピンチを知らなかったわけで、「知らない方がいいことなんてない」という価値観がもしなかったら私は単純に損をしたことにしかならん。

ウラ金の運び屋をやってるような男と、ウラ金の運び屋をやってるような男と付き合ってる女に、訪れる結末とは…。有害図書に指定してはいかがでしょうか。

ところで、ローラは(フラ○カ・ポテ○テは、じゃなくて)、決してかわいくないね。けど、あんなにも赤い髪が似合うんだったら、決してかわいくなかったとしても、かわいいことよりもずっと価値があると思う。いいなあ、赤い髪。

»続き
▼この記事|| 2005/07/22(金)| 映画| トラ(0) | コメ(2)

JFK(1991、米)

別に今日観たわけじゃないけど、何となく思い出したのでせっかくだから書いておこう。…と思ったけど、観たときに思ったことが何だったかってことって、時間が経つと忘れるんじゃなくて、もっとタチの悪いことに記憶が発酵したり改ざんされたりして残るんだよね。

私は、この映画を単なるエンタテインメントとして受け止めていいのだろうか。それが疑問だ。当該事件に関する予備知識が全然ないものだから、そんな疑問を抱いてしまい、心からエンタテインメントとして楽しめなかった。いや、その疑問こそがエンタテインメントだ。と言い切ってしまうと、真実の探求者として落第点だけど、でも私に何をしろと言うのだ。

前にもどこかで書いたかもしれないが、あるいは口にしただけかもしれないが、ケビ○・コ○ナーの声って、「威厳」というものから最も縁遠い感じだよね。それがこの映画の役に妙にはまってて、映画の「訴えかける力(りょく)」アップに大きく貢献していると思う(モデルになったジ○・ギャ○ソンがどんな声だか知らないけど。え、ギャリ○ン本人も出演してる?そりゃもう一度観ないといかんわ)。しかしどうやらギャリソ○役は当初予定していた俳優とスケジュール等が合わなくてケ○ンに落ち着いたようですね。いや、ナイス配役だと思いますが。

でも、私が観たのは「ディレクターズ・カット」。約206分。何かやりはじめたら一度に片付けなきゃ気が済まないこの私が3回に分けて(途中に小休止というか睡眠を入れて)観たチュウほどだ。次回観るのはいつだろう。

チュウ)普段ならそろそろ寝るという時間に観始めたせいもある。

▼この記事|| 2005/07/07(木)| 映画| トラ(0) | コメ(0)


そういえば、World Flag Databaseなるサイトを見つけ、日本を見てみたら、

Languages: Japanese, Korean, Chinese

って書いてあったんですけど。誰か説明してくれ。


[2005年8月27日]

…秤にかける気はない。確かに、突然わけも分からず暴れだしたり、手に負えない部分は多々ある。それでも、一緒に街を歩いたり、SRで風を切るその瞬間は、すべての懸念から私を解放し、まあいいか、と思わせるのに十分な魅力を持っている。麻痺していると言ったほうがいいかもしれない。悪い薬のようだ。…

上の文章は、すしる著の小説の一節である。と言いたいところだが、一節じゃなくて全文である。それはいいとして、これを「Microsoft(R) Word 2002」で打ち込むと、

…秤にかける気はない。確かに、突然わけも分からず暴れだしたり、手に負えない部分は多々ある。それでも、一緒に街を歩いたり、SRで風を切るその瞬間は、すべての懸念から私を解放し、まあいいか、と思わせるのに十分な魅力を持っている。麻痺していると言ったほうがいいかもしれない。悪い薬のようだ。…

となります(スタイルシートで波線の下線が出せないんですけど本当は波線。緑の波線は自動文章校正機能において文法ミスの可能性を指摘するもの)。当該部分が文法エラーである理由は、“「~たり」は繰り返して使います”だそうだ。そこで、「たり」を調べると、

[接助](略)
1
(1) 動作や状態を並列して述べる。「泣い―笑っ―する」「とんだり跳ね―する」
(2) 反対の意味の語を二つ並べて、その動作・状態が交互に行われることを表す。「暑かっ―寒かっ―の異常な陽気」「足を上げ―下げ―する運動」
2 (副助詞的に用いられ)同種の事柄の中からある動作・状態を例示して、他の場合を類推させる意を表す。「車にひかれ―したらたいへんだ」
[補説] (略)1 は、並立助詞として扱われる場合もあるが、近世後期からはあとのほうを省略して「…たり…」の形をとる場合もみられる
Yahoo!辞書(大辞泉)より)

ということです。Wordの文章校正は近世後期以前の産物か。つーか上の例の片方はそもそも大辞泉でいうところの2の用法だし。

自動文章校正による詳しい解説を見ると、「2つめの「たり」を省いた用法も一般化しつつありますが、「~たり、~たり」としたほうが、より正式な日本語であると考えられます。」とのこと。「より正式」って一体。

»続き
▼この記事|| 2005/07/03(日)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。