日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

レジ言葉1」に関して補習。

> 「千円お預かりいたします」よりも「千円からお預かりいたします」のほうが正しい言い方であると、数年前に新聞記事で読んだことがあります。
  (中略)
> ですから、「千円から四百円はお預かりして、六百円は頂戴いたします」という意味で「千円からお預かりいたします」と言うのだそうです。

と、ある人が言っていたと、ある人が言ってくれました(超又聞き。ソースはどこなんだ)。そうそう、そうだよ、まさに僕が言いたいのはそれ。その上で、それってどことなくしっくりこないよなって、そう書いたじゃないか…と思って読み返すと、ちょっとニュアンスが違う。ていうか結構違う。よくよく見るとまるっきり違う。うぐ。

  1. 1030円預かり、そこから1029円を領収し、1円を返す
  2. 1000円から400円預かり、600円は領収する

Aは私の推論で、Bは新聞の記事である。日本語の特性からして、「代金を頂戴する」事実をより遠まわしにしているBの方が強いよなぁ。ちなみに、緑色=預かり橙色=商品代金水色=釣り銭である。え?「預かり」??…たしかに、レジ機やレシートには「アズカリ」「お預り」などと表示されている。そうか、そうだよ。時代は変わったんだよ。

ちなみに「釣り銭」の語源は、広辞苑第五版によると、「不足の釣合を補うために出すからという。あるいは、うつり銭の意か」だそう。不足…(・ ・)?「クイズ赤恥青恥テレビ東京では「(代金との)釣り合いを取るため」と。ま、いいや。
[2003年6月6日]

ここまで書いておいて、私はもともと、

1030円から勘定をする(結果的に1029円を領収して、1円を返すことになる)ため、ひとまず預かりますよ」の略なんだろうと思うけどそれって据わりが悪くない?

と言いたかったんじゃなかったっけ、という気がしてきた。

スポンサーサイト
▼この記事|| 2003/06/06(金)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)

コンビニとか、スーパーとか、別に何でもいいんだけどお店で、よく聞いた言葉で、何となく引っかかるものがある。そのうちのひとつ。

「○○円からお預かりします」

別に、間違っている!と言いたいわけではないのだけど、「○○円から」というのが、何となく変だなと思うこの私の心。今私が手渡した(というか受け皿に置いた)1030円を一旦預かるのだから、「1030円(を)お預かりします」でいいのではないか。そう勝手に決め付けて、自分が言うときは絶対「から」を付けないようにしていた。これは、こういうことだろう。

一旦お金を預かって、そこから商品代金を差し引いて、残ったお金(お釣り)を返す。このことから、「1030円から(代金を)頂戴いたします」と言うはずが、一旦お金を預かるんだよ、というのと混ざって、「1030円からお預かりします」となったのだろう。まあレジ言葉なんて、システム化されていてその意味なんか誰もしゃべってないし誰も聞いてもいないからね。とは言えすこし無理矢理な気がする推論である。

ついでにもうひとつ。以前どこかのお店で、「別途消費税をお預かり致しております」とかそんなような張り紙を見たとき、一緒にいた人が「預かるのかよっ」(返してくれないじゃないか)と言って笑った。まあこれは、「消費税は消費者から一旦預かっているお金であって、店から国に納めているのですよ」と言っているのだから、全くもって正しい。が、消費者からすれば自分はお店にお金を払っているというナマの感触しかなく、ましてそれが国に渡って、色んなかたちで国民に還元されていると感じている人などいないので、却って変に思うのである。…まさに蛇足(この¶が)。

▼この記事|| 2003/06/04(水)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)

小学校で、「学校は間違える場所だ」と言われたことないですか。私だけですか。はあそうですか。例えば間違えて隣の教室に入ってしまった生徒をバカにするのはやめましょう、ということを言いたかった場面だと思う、たしか。いやただ単に、間違いを恐れずに積極的に発言しましょう的なことを言っていたのか。大人になると、というか社会に出ると、というか、間違っても間違いが許されない場面に出くわすこともあるから、今のうちに間違えておけ、というのもあるのだろうかね。ないだろうかね。間違えずにはいられないくせに間違えることが心底嫌いな私は、どうにも人生が生き難くて仕様がない。

というわけで、こないだ(やや)高額の買い物をしました。某JASDAQ上場企業のクレジットカードが、デザインの良さからすごく気に入っててよく使っていたのでありますが、昨年末で発行終了になり、手元のカードの期限が切れたら次からは通常デザインのカードになってしまうとのことで、その手元のカードの期限というのが5月末だったのでして。そこで最後の記念にと思ってカードで支払ったのです。そんなに現金を持っていなかったというのは二次的な理由です。んで、いつも通りサインを求められるじゃないですか。そこで、何と、書き間違えました

体で覚えてるような動作、つまり意識しないでしている動作って、たまにわけがわかんなくなったりすることないですか。私だけですか。はあそうですか。弘法も筆から落ちる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。