日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

OH LÀ LÀ/かの香織
(SE、1996/11/01)★音楽―アルバム

久々に聴いてみた。昔聴いたときと同じだった。当たり前か。昔というのは、音楽に興味を持ち始め、気付けばのめり込んでいた、その頃である。ああはなりたくないなという人がこうはなりたくないなというふうに何かに夢中になっている感じで、この人の音楽を好きだった。それは某ZIP-FMで(だっけ?)楽曲を聴くことから始まった。

なので今はジャケを見ることから始めてみようか。オシャレなのかギャグなのか、ヒップなのかナンセンスなのか、はて。で、中身はどうなのかというと、そのまんま。よくわからないアルバムだ。よく議論されているポイントを持ち出すのなら(というか他に持ち出すものがないのだが)、収録曲一曲一曲(なんて字面だ)に違うアレンジャーを起用している。で、だから統一感がないだの、それなのにまとまっていてすごいだのと言われているのだが、まあそうだろう。でもそういう観点から見るのであれば、このアルバムはきれいにまとまりすぎて退屈な作品かもしれない。だって、本棚に置かれるものは本だけとは限らないでしょ。え、ということはこのアルバムは本棚か。じゃあ何で「ウ・ララ」なんてタイトルなんだろう。「本棚」でよくないか。まあ、どういう作られ方をしたか知らないのに(各楽曲単体の呼吸の一致はあまりに見事で窒息しそうだ)、〔改行〕

こう言ってしまうのは危険ではあるが、各楽曲が、「本」である気がする。それはつまり、「本棚」に納められるものでしかないという意味だ(もちろん本は読むものだよ、念のため)。だから、隣に何が並ぶのか、どの位置に並べられるのか、そのへんを考えていない。もとい、よく考えているから、すごく収まりのいい「本」になってしまっている。だから、このアルバムはきれいにまとまりすぎて退屈な作品かもしれない、と。

まあそんなこと言ったって好きなものは好きなのだ。これを言ってしまうと上に書いたことがすべてぶち壊しになるので言いたくないのだが、実際には飽きないアルバムである。まとまり感も、ほとんど問題ない。しかし最近聴いてないなー。あれ、冒頭に「久々に聴いてみた」とあるけど?実はこの文章、途中まで書いてほったらかしになっておったのだよ。〔改行〕マークの前後には相当な時間差があったりするわけである。
[?/2003年2月20日]

スポンサーサイト
▼この記事|| 2003/02/20(木)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)

ゆうびん、利用してますか。その頻度はここ数年で変わりましたか。私は変わらない。昔から手紙なんかはあまり書かないし今も書かない。局の窓口には、懸賞に応募する際にお世話になる程度である。その頻度はといえば、別に多くはないが、切手を貼るのが面倒なので極力窓口に直接差し出すようにしている。局の方ごめんなさい。手間です。

というわけで、話が大転換するけど、返信はがきの書き方。「同窓会に ご出席 ご欠席」「御住所」「貴社名」「御芳名」とくれば、「同窓会に ご出席 欠席」(←“欠席”にマル)住所」「社名」「御芳名」として返す。取り消し線って見にくいですね(二重取消線は表現できないし)。しかし、「名」というのもしっくりこないなぁ。「おみおつけ」は「つけ」だし。

というわけで2、返信はがきの宛名。「藤丼 隆 行」とあれば、「藤丼 隆 」と返すが、「藤 丼 隆 行」だと、「藤 丼 隆 行 」かもしれない。日本語においてスペースというのは、やっぱり不思議な存在だ。全国の藤丼隆行さんは、「行」を付けておくのが必須です。全国の藤丼隆さんは、防衛策として「宛」をつけたりするのでしょうか。

というわけで3、返信する先が企業等だった場合。

御中

©すしる。よいこは真似をしないように。

でも、この「御中」の書き方を数年来使っているんだけど、どういうわけだか、懸賞の当選率に特に変化はないようだ。
[2006年1月13日 改訂]

»続き
▼この記事|| 2003/02/10(月)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)

粘着テープってのは便利なものだ。しかし私はある意味嫌いだ。かなり、春場所を選ぶ。それは選べない。特に、原動機付自転車等のシートの破れをガムテープで貼り合せたりしているのは勘弁である。でも荷物の梱包なんかには必需品でしょう。ガムテープ無しで梱包しろというのは、電子レンジ無しで一人暮らししろというのと同じくらい酷だ。で、そんな一人暮らしの引越し荷物を開封していると、だんだんとカッターナイフの刃の側面にねちゃねちゃがついて切れなくなる。ハサミの場合は、刃を閉じると開かなくなる。

どうやってキレイにしますか。ガムテープを適量取り、粘着面を表にしてわっか(輪)を作って指にはめ、ねちゃねちゃの刃にぺったぺったと当てます。例えばマグカップを買って、貼ってあったシールを剥がしたときちょっと糊が残ってしまったら、その剥がしたシールをそこにぺったぺったと当てます。これで大抵はキレイに取れます。なんて簡単。でもちょっとコツがいる。なんて手間要らず。でもちょっとちまちま。私は、気付いたときには当たり前のようにやっていたのだが、結構知らない人がいるみたいだ。それは必要に迫られないからだ。ディズニーランドのおみやげは、おみやげだけに、価格(及びバーコード)シールがすっごく簡単にスッキリ剥がせるものになっている。なので、商品棚には、剥がれ落ちてしまった価格シールと、価格表示のない商品がよくある。難しいところだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。