日本語をこねくり回す。映画や音楽にケチをつける。変なものを変だと言う。変じゃないものにも変なこと言う。カテゴライズするのは結構だが、複数のかけ離れたジャンルを少しずつかじるような人の立場は。

since apr.01,2005

 
<!>ここでは過去の日付に新しい記事が追加されることが少なからず、というかかなり頻繁にあるので、暇な人は「新着」に騙されないように掘り返してみてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼この記事|| --/--/--(--)| スポンサー広告| トラ(-) | コメ(-)

過去の出来事を思った。過ぎたるは及ばざるが如し。この言葉は過去とは何の関係もありません。でも、「」の字が含まれているというだけで、何となくいつも連想されてしまう。広辞苑を引いたら、「過ぎたるは及ばざるが如し」だった。

で、私は宇宙船です。細かい事は抜きにして、力が加わった方角にひたすら進んでいきます。船の設計や航路の算出には、そんな気を使わなかったけど、それでもある方角を目指して飛んでいるつもりでした。でも、色んな事が起こるものです。予測はできても100%じゃありません。不意に隕石が飛んできたのか、異星人の攻撃を受けたのか、それとも単なる操作ミスか根本的な船の欠陥で航路を外して土星の輪に突っ込んだのか、がつん!と強烈な衝撃を受け、別の力が加わって、それまで進んでいた軌道を大きく反れてしまいました。あの時は痛かった。金属は一度凹んだら直すまで直らないんだぞ。俺は治るけどさ。でさ、その事故(?)によって、私の軌道は狂ったまま、元には決して戻ることなく(私はあの隕石を、あの異星人を、あの居眠り運転を忘れることはありません。)、その影響をずっと残したまま、それでも進んでいます。でもさ、宇宙船に予期せぬ力が働いたのは、事故のその一瞬だけのことであって、その後には何の力も受けてはいません。金属の凹みも、板金工場へ持っていってちょいちょいと直し、今は何の痛みもありません。過去ってそういうもの。過去は今に続いてるけど今は過去じゃない。過去はずっと消えないけど今、過去はない。どこにもない。なにもない。とんでもない。忙しない。

なんてことを若い頃は書いていたが。[2006年1月13日]

スポンサーサイト

サビって、一体何だ。ユニコーンだったか…なあ、何かの曲の歌詞カードで、コーラス部分に「サビ」「ワビ」と名前を付けてたな。で「ワビ繰り返し」とか。そう、サビの部分のことを「コーラス」という場合もある。ややこしい。岩波国語辞典を調べても、音楽に関係しそうな「サビ」という語は見当たりません。カタカナ表記だし、英語以外の外来語か。

で、「サビのとらえ方は、近代ポップスにおいて微妙にズレ始めた。本来は“楽曲の中間部分で冒頭のテーマとは対照的な楽節部分”のことをいうものだが、現代ではサビがテーマ部よりも印象深いものと考えられている。(アスキー デジタルファミ通編集部編「音楽ツクールかなでーる2 公式ガイドブック」アスキー、1998)だそうだ、わざわざ引用すると。例えばビートルズの、特に初期の曲、長さは2分とかそんなもんだけど、まず曲の“”になるメロディーをやって、それからちょっと雰囲気の違う部分をはさんで、また“”でしめる、というパターンが多い。でも今の大抵どんなうたも、歌い出しで注意を引くっていうのはあるけど、AメロBメロと引っ張っていって、「サビ」でガーっと興奮の渦なり感動の潮なりに巻き込むのだ。長さも平均5分はあるのかな。

今でも、いわゆる“本来の”手法をうかがわせる人はいます。斉藤和義など。彼はデビュー曲が「僕の見たビートルズはTVの中」だからね。すぐわかるね。“本来”も“現代”もどっちも、いいものはいい。でもこれが混ざっちゃうと、AメロBメロと来て、さあくるぞ、と思ったら1コーラス終わっちゃう、というのが出てくる。この上なく欲求不満。あれは“現代ポップス耳”の私には結構聴きづらい。文章にサビがないと、こうなる。サビとオチは同類なのか。

▼この記事|| 2001/06/03(日)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)

べよう!って、いきなり何だ。一文字目に「並」が使いたかっただけだ。おばあちゃんの時代、学校では背の高い順に並んだらしい。私の時代は、背の低い順システムだった。体育祭の入場行進だけは背の高い順だったけど。

さてCD店に行くと、洋楽がアルファベット順で並んでる店と、カタカナ読みの50音順の店とがある。50音順も、例えば「ザ・レンブランツ」がサ行にあったり、が微妙に混ざってたりというのはさすがに最近はないだろうけど、どうも探しづらい。アルファベット順も、スペリングが分からないと困るとかいう問題があるのかもしれないけど。ちなみに、英語圏では、ファミリーネームのアルファベット順で並べるのだけど、日本では、ファーストネームの方で並べている。例:日本では、Alanis Morissette の方が Bryan Adams より前になるけど、英語圏では、Bryan Adams は Alanis Morissette より前になるのだ。いつ何で見た話か忘れたけど、これは誰だったか機転の利く人が、日本の文化に合わせて並び順を変更してみたら受け入れられて一般的に広まったとか(何て曖昧な)。

時に邦楽の話に戻ってみて(いや戻るも何も邦楽の話なんてしてないけどね)、家に来て私のCDラックを見てもらえば分かるけど、何だか、ア~サ行あたり、まあ要するに前の方”が、圧倒的に多いんだよな。これはどういう現象なのだろう。実際に世のアーストの名前も、50音の前の方のが多いのだろうか。たしかに、ヤ~ワ行なんてのはかなり少ないと思うけど(現代語ではヤ行とワ行は3つしか音がないし、あと「ヲ」「ン」もまずないだろうから当たり前といえば当たり前か)。そういえば、中古CD店を物色するとき、元気があれば律儀にア行から順に見ていく私なのだけど、だんだん疲れてきて、最後の方はいいかげんに見てやめる。だってそうでしょ。もしかしてその影響もあるのか。

あ、無駄話その1。もし「オータムストーン」を広辞苑第五版に載せるなら、「オオタムストオン」と見なされる(つまりケーキは「ケエキ」なんだな)から「太田水穂」の次に来る運命にあるのだけど、どうも某大型CD店では「オタムストン」で並べているらしい。だから奥田某氏よりも尾崎某氏よりも小沢某氏よりも後ろになってる。大型店ではアーチスト名毎に仕切があるから、その辺も曖昧だと探しにくい。統一しようよ。

お、無駄話その2。これは雑学の本で見たのだと思う(書名不明。ごめんなさい)けど、トヨタ自動車のくるまには、カ行・サ行ではじまる名前のものが多いらしい。日本語ではカ行・サ行ではじまる名前は音の関係だか何かで親しみやすく覚えやすいから、らしい。カムリ。カリーナ。カローラ。クラウン。クレスタ。コルサ。スターレット。セルシオ。ソアラ。そんくらいしか思いつかないや。カローラと共に一時代を築き上げた日産のあれ、サニーもまたサ行。今はといえば…。誰もVitsを「ビッツ」って発音しないでしょ?時代も変わったなあ。

▼この記事|| 2001/06/03(日)| 日本語| トラ(0) | コメ(0)

世界の終わり/thee michelle gun elephant
(作詞:チバ ユウスケ、作曲:ミッシェル・ガン・エレファント)

私の、彼らの音楽への愛情は、メジャーデビューシングルであるこの曲を友達(一緒に遊んだりとか全くなかったし、どういう人物かよく知らないのになぜか仲良くて話せるいいやつ)に「これよくねぇ?」と薦められて聴いた時に始まり、早い話この曲で終わった。だって世界の終わりだし。この曲はまあとにかくいい曲なんだけど、歌詞とかも。そういえばいつか雑誌記事か何かに「チバの突き放ったようで奥の深い歌詞と…」みたいなコメントがあったのだけど、別の資料で見たインタビューでそのチバは「例えばロシアン・ハスキーっていう曲があるんですけど、あれはただロシアン・ハスキーって言いたいだけ」的な発言をしていた(出典不明。ごめんなさい)。でもそれでいて「紅茶飲み干して」「パンを焼きながら 待ち焦がれている」んだったらすごい天才だと思うけど。明らかに、彼らの持つ膨大な数のオリジナル曲の中でもこの曲は異色作だと思うよ。だって大抵彼らの曲には“サビ”がない。彼らは結局、私の趣味とは違う方向へ突っ走っていって帰ってこなかったのだけど、そのうちブレイクしちゃいました。やったね。

時に、彼らのバンド名の由来だが、前出の出典不明のの中で、「…また機会があったら(教えます)」とか言って締めくくっていた憶えがある。ちょっと気になる。

▼この記事|| 2001/06/02(土)| 音楽| トラ(0) | コメ(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。